妊娠初期の不眠|眠れないのはなぜ?その原因と対策法

妊娠初期の大きな悩みの1つである“不眠”に悩まされている妊婦さんも多いのではないのでしょうか。

「妊娠初期のころは自分の身体が自分の物ではないような気がして辛かった」という妊婦さんもいるように、妊娠すると身体の中ではさまざまな変化が起こっています。

この記事では、妊娠初期に不眠になる原因眠れないときの対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠初期の不眠の原因

妊娠初期に不眠になる原因は、大きく分けて3つあります。

基礎体温の上昇

妊娠すると、プロゲステロンとよばれる女性ホルモンの分泌が活発になります。

このホルモンは、体温を上昇させる働きがあるため普段より体がポカポカした状態になるため、夜寝るときに暑くて寝苦しくなったり、倦怠感がでて眠りが浅くなることがあるのです。

つわり

妊娠初期の多くの人が経験する“つわり”の影響で、なかなか眠れないというケースもあります。

つわりは、急激なホルモンバランスの変化やストレスなどが原因だと言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

睡眠不足になり、さらにつわりが悪化するという悪循環に陥ることも・・・

少しでもつわりを軽減できるよう、規則正しい生活や適度な運動など出来ることから始めてみましょう。

  つわりで頭痛と吐き気がつらすぎる…症状をやわらげる3つの対策

トイレの回数の増加

プロゲステロンには、利尿作用もあるといわれています。

それに加えて子宮が大きくなり、膀胱を圧迫することで頻尿になりがち

そのため夜中に何度もトイレのために起きるので、不眠傾向が強くなってしまいます。

  この症状はマタニティブルーなの?簡単チェック法と対処法

スポンサーリンク

妊娠初期の不眠におすすめの3つの対策

妊娠初期の不眠の原因はさまざまですが、日常生活で少し気をつけるだけで改善することがあります。

対策法を3つご紹介しますので、できることから始めてみてくださいね。

適度な運動をする

夜間寝られないのであれば、昼間の活動量を少し増やすことを心がけてください。

ヨガやウォーキングなどの軽い運動であれば心配いりません^^

少し運動するだけで、睡眠の質も上がると言われています。

気分転換にもなるので一石二鳥ですよ♪

ただし、お腹の張りがあったり切迫早産の傾向があるときは医師の指示に従ってくださいね。

  妊娠初期の運動不足はこれで解消!安全に効果的に運動する3つのコツ

  心と体に癒やしを…「マタニティヨガ」の効果とおすすめ頻度は?

 お風呂にゆっくり浸かる

湯船にゆっくり浸かることで、心身ともにリラックスすることが出来ます。

好きな香りの入浴剤を使用したり、キャンドルで入ってみたり、自分なりの方法を探してみるといいかもしれませんね^^

お風呂の湯気でつわりが悪化してしまう方は、洗面器にお湯をはって足湯を楽しむのもおすすめです。

昼間に仮眠をとる

夜に眠れないから昼間は眠くなる・・・妊婦さんなら一度は経験があると思います。

そんなときは無理をせずに、昼寝をすることをおすすめします。

身体を休めることを1番に考えて、無理せず行動してください^^

   お昼寝の驚きの効果!大人にこそおすすめの理由とベスト時間を紹介

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか? 妊婦さん特有の悩みはつきないものです。

お腹の赤ちゃんが大きくなるのに必要な我慢だと思って乗り切ってください!

辛い事の後は楽しいことが待っていますよ^^

おすすめ関連記事

  妊娠中の眠気はいつまで続くの?その原因を知ると対策法が見えてくる

  赤ちゃんの名前が決まらないあなたへ贈る3つのヒント|産まれた瞬間に決まる場合も…

  妊活中や妊婦さんの「葉酸」必要量はどのくらい?いつまで摂取するの?

  美しい妊婦姿を残そう!マタニティフォトの値段の相場とスタジオ一覧

  この症状はマタニティブルーなの?簡単チェック法と対処法

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です