年末の大掃除を旦那が手伝ってくれない…そんなときの対処法

年末の大掃除と言えば
昔は家中の家族が総出で取り組んだらしいですね。

畳を上げるのはお父さんやおじいちゃん、
ガラス拭きはお父さんと子ども、
障子貼りだってお父さんがやっている家もあったらしいですよ。
お父さんもかなり活躍したようですね。

でも、最近は忙しいお父さんが多くて、
あまり協力してもらえない家もあるみたい。

主婦も働いている人が増えているから、
とても一人で全部の掃除はできませんよね。

何とかして旦那さんにも協力してもらわなくちゃ。
そこで、どうやったら旦那さんに
大掃除の協力をしてもらえるか。
いい方法はないか考えてみました。

スポンサーリンク

年末の大掃除旦那の言い訳&主婦の悲痛の声

やっと仕事納めも終わった年末の12月30日ごろ、
旦那さんはソファで寝転んでテレビを見ている。

主婦は大忙しで、大掃除をやらなくちゃ、
と焦っている。
よくある光景ですよね。

旦那さんは「やっと仕事を終わったばかりで、
疲れているんだから、今日ぐらいは休ませてよ。」

奥さんは、「もう今日しかないんだから、手伝ってよ。」
「去年だったやってくれなかったじゃない。
私一人じゃ、全部は無理よ。」

なおも食い下がっても一向に腰を上げない旦那さんに。
奥さんはつい、かっとなって悲鳴気味。
「もう、本当に嫌になっちゃう!」

こうなるともう協力してもらうのは無理ですね。

ついかっとなって、「じゃ、もう頼まないから。」
と言い放ってしまう前に、
今年は作戦を変えて、
何とか協力してもらう方策を考えましょう。

スポンサーリンク

今年こそ!旦那に年末の大掃除を手伝ってもらう方法

例えば、
「私は背が低いから、高いところは手が届かないのよね。
天井と高いところの窓ガラス拭きだけ頼めないかしらね。」

「今年は子どもたちにも、
大掃除のやり方を覚えてもらいたいから、
パパにリーダーになって欲しいのよ。」

肩や腰の悪い人なら
「この頃肩が痛くて、五十肩じゃないかと思うのだけれど、
高いところの掃除は無理なのよ。
そこだけでも手伝ってもらえると、助かるわ。」

「またぎっくり腰にでもなったら、
みんなに迷惑をかけちゃうでしょ、
午前中だけでいいから、
拭き掃除を頼めないかしらね。」

などと上手に頼んでみるのはどうでしょうか。
高いところだけなら、子どもたちと一緒なら、
短時間ならいいかな、と思うかもしれませんよ。

もちろん少しでもやってくれたら、
多少汚れが残っていても、

「きれいになったわね。やっぱりパパは背も高いし、
力もあるから、いつもよりずっときれいになったわね。
ありがとう。」とお礼を言うのを忘れずに!

子どもたちも協力してくれたら、
「ご褒美にピザを奮発するわね。」などもいいですね。

褒められば、嬉しいから、
また来年もやってくれるでしょう。
毎年やっていれば、さらに上手になり、
上手くすれば手伝うのが習慣になるでしょう。

みんなで協力すれば大掃除も楽しくなるはずですね。

スポンサーリンク

まとめ

年末の大掃除は、主婦一人でするのは大変です。
お休みに入った旦那さんやお子さんに
協力してもらって、手早くやりたいものです。

そのためには、上手にお願いして、
少しでも手伝ってもらえたら、
感謝し、時にはご馳走して、
気持ち良く手伝ってもらえるようにしたいものです。

大掃除は家族みんなで楽しくやりたいものですね。

おすすめ関連記事

  年末の大掃除どこまでやるべき?最低限ここだけやればOK

  なぜ?年末の大掃除を12月29日にやってはいけない理由

  【あさイチ】名前のない家事まとめ|イライラ・モヤモヤを解消する方法

  【あさイチ】性ホルモン特集2まとめ・男性ホルモンの減少|男性更年期の治療法・うつ病との違い

  あさイチ|夫の薄毛特集まとめ|薄毛対策や治療法、ヘアスタイルを紹介

スポンサーリンク