つかまりスクワットで骨筋力アップ!垂れ尻にも効果絶大!?

年齢とともに衰えていく骨と筋力。

そのままにしておくと、高齢になった時に足腰が心配ですよね。

そこで、つかまりスクワットをして、
骨筋力をアップさせましょう。

今回は腰回りの引き締め効果も期待できる、
つかまりスクワットの方法を紹介します。

垂れ尻に悩む方も必見ですよ!

スポンサーリンク

 

筋肉が若返る最強の運動!つかまりスクワットの効果

スクワットは筋肉の強化にとっても効果的な運動なんですよ!

本来、人間の下半身には大きな筋肉が集まっています。

ところが加齢と共にだんだんと筋力も落ちてきて、
骨密度も低下していくため、骨折しやすくなる、関節痛になる、
太りやすくなる、体についた脂肪が燃えにくくなるなど、
健康面で様々なリスクを伴います。

そこで役に立つのがスクワット

スクワットとは腰を降ろしてしゃがむような動作を繰り返すため、
下半身と体幹を鍛えるのにとっても効果的。

骨も丈夫になるし、垂れ尻の引き締め効果もあり

しかも、スクワットをすると、
脳から若返りホルモンという、
肌の修復や脂肪分解効果を高めるホルモンが分泌されます。

また下半身の骨筋力を鍛えることで、
代謝もアップするため、冷え性やむくみの改善にも繋がって、
とっても美容や健康に良いんですね。

ただし、運動にあまり慣れていない人が、
いきなりキツいスクワットをしてしまうのは禁物!

急激に体に負担がかかるため、
膝を傷めてしまう場合もあります。

そこで、テーブルやイス、流し台、壁などにつかまって、
体を支えながらスクワットをしていきましょう。

スポンサーリンク

つかまりスクワットの正しいやり方

つかまりスクワットの方法はとっても簡単!

まず、流し台やテーブルなどの家具を両手でつかみ、
肩幅くらいに足を開いて立ちます。

そして、ゆっくり3秒ほどかけて、
腰を真下におろしていきましょう。

この時、息を大きく吐きながら腰を落とすとより効果的。

太ももと床が平行になるまで腰をおろしたら、
今度はまた3秒かけて、
ゆっくりと息を大きく吸いながら立ち上がります。

一見簡単そうだけれど、意外と足腰に負担がかかるので、
ものすごく効き目がありますよ!

家具をつかむ以外には、壁に両手をついて、
つかまりスクワットをしてもOK!

ぜひチャレンジしてみてください!

スクワットは1日10回3セットを行うと良いのですが、
慣れるまでは週3~4回、
1日おきに10回3セットをしていきましょう。

筋肉量を増やしていくなら、
なるべく食前にスクワットをしておくと良いですよ。

そして、最も大切なのは、鍛えたい部分に意識を向けること!

例えば、垂れ尻を引き締めたいのでしたら、
お尻の筋肉を意識しながらスクワットしましょう。

これだけでも、かなり効果がアップするので、
ぜひトライしてみてください!

無理せず自分で継続していけるペースで筋トレを行えば、
きっと結果が現れてきますよ!

スポンサーリンク

まとめ

スクワットは下半身全体の筋肉を鍛えるだけでなく、
骨に負荷をかけるため、骨密度をアップさせます。

代謝もよくなりむくみも改善されるし、
若々しさもキープ!

しかも脂肪が燃焼しやすい体質にもなるので、
かなりおすすめなんですよ。

運動が苦手な人はまず、
1日おきにつかまりスクワットをしていきましょう。

継続して続ければ、高齢になっても元気な足腰がキープできますよ!

おすすめ関連記事

  骨粗しょう症予防に!フラミンゴ体操の効果と正しいやり方

  赤ちゃんのハイハイを真似しよう!驚きの歪み改善効果

  あさイチ|3週間でタレ尻が美尻へと劇的変化⁉ヒップアップする歩き方

  あさイチ|たった1分で2cmヒップアップストレッチ!今すぐできる美尻の作り方

  【たれじりを直す方法】簡単尻トレ&たれ尻おすすめパンツ(ショーツ)

スポンサーリンク