急激に筋肉が減少するサルコペニアとは?なりやすい人&治療法

サルコペニアとは急激に筋肉が減ってしまう病気です。

基本的には加齢が原因で引き起こされますが、
この病気にかかってしまうと、
寝たきりなど要介護になってしまいます。

いつまでも自分の足で歩けるようにするためにも、
このサルコペニアについて知っておくと良いですよ。

そこで今回は、サルコペニアになりやすい人や、
治療法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

急激に筋肉が減少する病気サルコペニアとは?

サルコペニアは筋肉量が減って身体機能、
つまり歩いたり立ったりなどの動きが出来なくなる病気。

主な原因は歳を取り、運動量が減ることなんですが、
高齢でない場合でも神経筋疾患などの病気から、
引き起こされてしまう場合もあります。

また、長期で入院生活をしていた人や、
デスクワークをしている人など極端に運動量が少ない人、
十分な栄養が摂れていない人なども、筋肉量が減少して、
サルコペニアになってしまうリスクがあるんですよ!

筆者もデスクワークの仕事なので、
かなり心配になってきました…。

サルコペニアになってしまうと、
既に体の筋肉量が減ってしまっているため、歩行が遅くなる、
階段の上り下りには手すりが必要、15分以上歩けない、
握力が弱まりドアノブを回せないなど、日常生活にも支障が出ます。

もちろん足腰も特に弱くなっているため、
転倒しやすくなるし、少し転んだだけでも骨折して、
最悪の場合は寝たきりなど、介護が必要になってくる場合もあります。

介護ってする方もされる方も、
すごく大変なイメージですよね…。

当然、介護のことで家族と揉めるだろうし、
施設に入所しなければいけない場合もあります。

それを防ぐためにも、サルコペニアにならないことが大切です。

スポンサーリンク

サルコペニアになりやすい人&治療法

サルコペニアになりやすい人には、
以下のような特徴があります。

運動量が極端に少ない人

先ほども少し触れたように、デスクワークや長期入院などで、
運動量がほとんどない人は、たとえ高齢者でなくても
筋肉が落ちてしまうため、サルコペニアになりやすいでしょう。

痩せている高齢者

痩せていてなおかつ高齢の人って、
かなり食事量が少ないですよね。

すると当然、筋肉を作るたんぱく質の摂取量も少ないので、
他の高齢者よりもサルコペニアになりやすいといわれています。

食事制限ダイエットをしている女性

無理な食事制限ダイエットをすると、
筋肉作りに必要なタンパク質が足りなくなり、
脂肪だけでなく筋肉もなくなってしまいます。

運動嫌いで太っている人

メタボ体形かつ運動を全くしない人は、
筋肉が減り脂肪が多い状態なので、
骨は負荷がかかりやすい割にもろく
転倒して骨折をしやすくなります。

以上がサルコペニアになりやすい人の特徴。

こうしてみると、現代人はデスクワークをしている人も多いし、
食事制限ダイエットをする人も多いので、
かなりサルコペニアになりやすそうですよね…。

そんなサルコペニアの予防や治療には、
栄養と運動が最も有効。

まずはやっぱり筋肉の元となるたんぱく質を摂ることです。

赤身の肉や魚、卵、乳製品を食べるのが良いですね。

ダイエット中の女性でも、
ササミや胸肉などでしたら摂取しやすいでしょう。

最近のコンビニやスーパーでは、
サラダチキンという調理済みの胸肉があるので、
それを食べるのがおすすめです。

骨の強度も高めるため、
カルシウムも摂ると安心。

そして、軽いものでも効果があるので、
運動をしていくのが良いでしょう。

数十分間散歩をするだけでもOKだし、
電車に乗っている時はイスに座らず立つだけでも、
十分な運動療法になりますよ。

ぜひ無理のない範囲で、
日常生活に組み込める運動をしていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

サルコペニアは運動量や栄養が足りなくなり、
体の筋肉が急激に減少し、日常生活も満足に送れなくなる病気です。

どうしても高齢になると運動量や食事量が減るので、
たんぱく質やカルシウムを摂り、
日常生活に取り入れられる簡単な運動をするといいですよ!

おすすめ関連記事

  あなたの骨と筋力、老化してない?骨筋力をアップさせる2つの習慣

  つかまりスクワットで骨筋力アップ!垂れ尻にも効果絶大!?

  骨の老化を抑えて骨筋力をアップさせる食材はこれだった!

  あなたの骨筋力は?ロコモチェック7つの質問で簡単診断!

  赤ちゃんのハイハイを真似しよう!驚きの歪み改善効果

スポンサーリンク