イギリスの伝統的なクリスマスケーキ「クリスマスプディング」とは?

イギリス人は本当にケーキが好きです。
一説にはイギリスの料理がいま一つなので、
最後に出されるケーキに力を入れるとも言われています。

どの家庭にもその家のケーキレシピがあって、
代々母から娘に伝えられているようです。

特にクリスマスシーズンには、
それぞれの家で腕によりをかけて、
ケーキを焼くのですが、
特に有名なのが「クリスマスプディング」ですね。

ディケンズの「クリスマス・キャロル」にも出て来るので、
ご存知の方もいるでしょう。

ここで、クリスマスプディングの歴史と
伝統的な食べ方、簡単なレシピを
ご紹介しましょう。

スポンサーリンク

クリスマスプディングの歴史と伝統的な食べ方

クリスマスプディングの起源は、肉と果物入りのお粥です。

どっしりとしたケーキになったのは、
ビクトリア女王がこのクリスマスプディング
王室のデザートにしたころからのようです。

伝統的な作り方は
パン粉、小麦粉、牛脂、卵、砂糖、ドライフルーツ、
くるみなどと香辛料、ラム酒などを合わせて、
一晩寝かせかせてから、型に入れて蒸し上げます。

できあがったものを約1が月冷暗所に保存し、
成熟させます。
この間に果物が発酵して美味しくなります。

かなり時間がかかるので、各家庭では
クリスマスの随分前から用意したもののようです。

現在はもっと簡単な作り方もありますし、
手作りにこだわらず、お店で買う家庭も増えています。

スポンサーリンク

ステキな聖夜に♪英国風クリスマスプディングのレシピ

英国風のクリスマスプディングは無理かな、
と思う人も多いでしょう。

時間はかかりますが、作り方は案外簡単です。

クリスマスプディングの材料

カレンツ、レーズン、サルタナなどのドライフルーツ各100~150g
パン粉 170g
牛脂 150g
レモンピール、オレンジピール各55g
三温糖 110g
ナツメグ 小さじ半分
シナモン 小さじ半分
卵 4個
牛乳 50㏄
ブランデー 60㏄
ラム酒 60㏄

クリスマスプディングの作り方

1.牛脂に三温糖を加えて混ぜる
残りの材料を大きなボールに入れて混ぜて
一晩寝かせる

2.パターを塗った型に種を入れアルミホイルで蓋をし、
蒸し器で5~6時間蒸しあげる

3.出来たプディングにブランデーをかけていただきます。
生クリームやカスタードソースを添えるのもいいですね。

伝統的な作り方のように1か月寝かせてから、
温めて食べるとさらに美味しいですが、
すぐに食べても十分美味しいです。

スポンサーリンク

まとめ

イギリスのケーキは美味しいです。
伝統的なイギリスのケーキの
クリスマスプディングは、
時間さえあれば誰でも作れます。

今年は聖夜に英国風クリスマスプディングを
試してみるのもいいかもしれませんね。

クリスマスのおすすめ関連記事

  そうだったのか!ローストターキーとローストチキンの違いと美味しい食べ方

  シュトーレンにカビが生えた!?カビに見えるその正体とは…

  盛り上がり度100%!クリスマスのプレゼント交換3つのやり方

  【あさイチ】クリスマス飾りを身近なもので手作り!靴下雪だるまやお花のケーキ

  【あさイチ】簡単かわいい飛び出すクリスマスカード!100円ショップや身近な材料で♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です