伊達巻の常温保存は危険!?その理由と正しい保存方法

伊達巻って常温で保存してはいけないんでしょうか?

でも焼いてあるし味も濃いめだから、
保存が効きそうな感じもしますよね。

そこで今回は、意外と知られていない、
伊達巻を常温で保存してはいけない理由と、
正しい保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク

伊達巻の常温保存が危険な理由

伊達巻は砂糖が多く使われていて味が濃いし、
焼いてあるから常温でも保存が出来そうですよね。

でも伊達巻って材料にはんぺん、
つまり魚のすり身が使われているため、
意外と消費期限が短いんですよね。

冷蔵庫でも1週間以内しか日持ちしません。

しかも、伊達巻に含まれる油分は酸化してしまうと、
味も品質も落ちてしまいます。

そのため、常温で保存するのはできる限りやめましょう。

もし冷蔵庫の中身がいっぱいなどで、
冷蔵保存できない場合は、伊達巻にしっかりラップをして、
タッパーかフリーザーバッグに入れて、
10℃以下の涼しい場所で保管すると良いですよ。

ただしそれでも、1~2日しか日持ちしないので、
なるたけ早めに食べるようにしてください。

日切れした伊達巻を食べて、
お正月にお腹を壊すなんて避けたいですよね!

早めに食べるか、冷やして保存がおすすめです。

ちなみに、伊達巻の表面に黒いポツポツしたものが現れたり、
異臭がしたり、口に入れると酸味を感じるようでしたら、
それはもう腐っている証拠なので、絶対に食べないで処分しましょう。

スポンサーリンク

美味しさキープ!伊達巻の正しい保存方法

伊達巻の美味しさを保ちつつ、安全に保存するのでしたら、
ぜひ冷凍しておくのが良いですよ!

冷凍すれば約1ヶ月は日持ちします。

もちろん、早めに食べ切ってしまえる量なら、
冷蔵庫で保存もOK!

冷蔵や冷凍する際は、伊達巻はラップで包み、
タッパーやフリーザーバッグに入れておきましょう。

なるべく空気を抜いて、密閉状態にしておくと良いですよ。

そして冷蔵室や冷凍室に入れておけばバッチリ。

冷凍した場合、食べる時は冷蔵庫に移して、
時間をかけて解凍するのがベストなんです。

常温で解凍すると、食感が損なわれるので、
注意してくださいね。

レンジで解凍しても良いですが、
伊達巻の生地がパサパサになってしまう場合もあるので、
加熱のし過ぎには気を付けましょう。

伊達巻って、思ったよりも簡単に長期保存できるんですね!

我が家でももし伊達巻が余ったら、
試してみようと思います。

ただ、もし伊達巻を手作りするなら、
食べ切れる量を考えて作ると良いですね。

どうしてもおせち料理って余りがちなので、
少なめに作っておいてもいいかも!

スポンサーリンク

まとめ

伊達巻は魚のすり身や油分が傷んでくるため、
常温で保存するのはやめた方が安心。

もし常温で保存するなら、ラップしてタッパーに入れて、
日の当たらない10℃以下の場所で保管しましょう。

それでも1~2日しかもたないので早めに食べてくださいね。

長期保存するなら冷凍がおすすめですよ。

おすすめ関連記事

スポンサーリンク