もち麦は何歳から食べさせてもいいの?安心な食べさせ方

もち麦は栄養が豊富で体にとっても良いですが、
子供には何歳から食べさせていいんでしょうか?

また小さい子だと、食べられるものも限られるから、
もち麦を与えても良いのか気になりますよね。

そこで今回は、もち麦を与えてもいい年齢や、
与える際の注意点、食べ方などを解説します。

スポンサーリンク

もち麦はいつから、どういうふうに食べさせたらいいの?

もち麦は確かに栄養が豊富だけれど、
その名の通りモチモチとした粘りと弾力のある食感なんです。

そのためもち麦を子供に食べさせるなら、
しっかりと食べ物を噛むことができる、
3歳を過ぎてからが安心ですよ。

3歳にもなってくれば、硬いものや歯ごたえのあるものなども、
色々食べられるようになってきていますよね。

また、もち麦は食物繊維が豊富なため
消化器官がしっかりしてくるという意味でも
3歳を過ぎてからのほうが安心のようです。

メーカーHPのQ&Aには「離乳食が終わったら
と記載されているところもありますので、

もし離乳食が終わってすぐ試したい場合は
下記の注意点を参考に、少量から試してみてくださいね。

大麦は何歳から食べられますか?
「離乳食が終わったら、柔らかめに炊いて少しずつお試しください。」
(管理栄養士 牧野直子)

離乳食が終わったお子さまから食べられますが、食物繊維が豊富な大麦は、内臓が未熟な赤ちゃんには消化の負担になる場合もあります。
おかゆなどで柔らかく炊き、少量からお試しください。

出典:専門家が答える大麦Q&A

ちなみにもち麦に限らず、大麦や雑穀米なども、
もし子供に食べさせるのなら、3歳を過ぎてからが安心です。

スポンサーリンク

もち麦を子供に食べさせるときの注意点

お子さんが3歳を過ぎていたとしても、
もち麦を食べさせる際は与える量に注意しましょう。

おかゆなど柔らかくした場合でも、
必ず少量だけにしておくこと。

というのも、もち麦を始め麦類って、
食物繊維が白米よりもかなり多く含まれているんですよ。

大人が食べるなら腸内環境やお通じを良くしてくれるけれど、
まだ小さい子は内臓が未発達で
消化機能の働きも十分ではありません。

そのため、もち麦のような食物繊維が多いものを食べると、
下痢をしてしまう可能性が大きいんです。

せっかく体に良いものを食べさせようとしても、
お腹を壊してしまったら大変ですよね。

そのためにも、まずはもち麦を少量だけ与えてみて、
様子をみるようにしましょう。

麦ごはんの場合は、
白米2:もち麦1の割合で炊いたものが良いですね。

なるべく白米の割合を多めにして、
もち麦の量を調節した麦ごはんなら、
少しずつ食べさせてみてください。

もち麦に限らず、雑穀米なども食べさせる場合は、
与える量に注意しましょう。

ちなみに、大人ももち麦を食べ過ぎるなど、
食物繊維を過剰摂取してしまうと、
お腹を壊してしまうことがあります。

もともと麦ってあまり消化が良くないので、
大人ももち麦を食べる時は、食べ過ぎに気を付けて、
よく噛んで食べるように心掛けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

もち麦は3歳を過ぎてから与えるようにしましょう。

まだお子さんが小さいうちは、
白米と一緒にもち麦を柔らかめに炊くか、
おかゆなどにして食べさせるのが安心です。

ただし、小さい子は消化機能も未発達なので、
大量に食べると下痢する場合もあります。

まずは少量から与えて様子をみるようにして、
白米と炊いた麦ごはんを食べさせる場合は特に、
よく噛んで食べさせるようにしてくださいね。

おすすめ関連記事

  【あさイチ】もち麦は腸を守るスーパーフード!便秘・停滞腸を改善する4つの対策

  もち麦を食べるとおならが臭い感じがする…その理由とは?

  「もち麦」「大麦」「押し麦」の違い|栄養やカロリーも違う?

  もち麦を洗う派は正解?洗わないで炊けるのにあえて洗ってみた結果は?

  もち麦ダイエットで痩せた芸能人から学ぶ「成功のヒケツ」

スポンサーリンク