手の日焼けを治すには?美白対策とケア方法を紹介

自転車や車の運転などで日焼けしやすい手の甲、きちんと対策できていますか?

気をつけていたのにうっかり日焼けをしている・・・

そんな経験、皆さんもあると思います。

この記事では日焼けしやすい手の甲の日焼け防止方法から美白ケアまでご紹介します。

夏目前のいま!ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

手の甲の日焼け対策!黒くなる前にできる3つのこと

意外に日焼けしやすい手の甲ですが、きちんと対策することで日焼けを防ぐことができます。

ほんの少しの手間をかけて紫外線から守ってくださいね。

① 日焼け止め

こちらは基本中の基本。手の日焼けを簡単に防ぐためには、こまめに日焼け止めを塗ることをおすすめします。

日焼け止めをカバンに忍ばせておいて、気が付いたときに塗りなおすようにしてください。

日焼け止めの選び方としては、PAやSPFの数値をチェックして保湿成分が配合されているものを選んでください。(手は乾燥しやすいので)

② 紫外線カット手袋

車の運転をされる方や自転車によく乗る方は、こちらがおすすめです。

日焼け止めを塗った上に手袋をはめることで、より効果を得ることが出来ます。

UVカット用の手袋はホームセンターなどでも売っているのでぜひ探してみてくださいね。

私は以前、しまむらで購入したUVカット手袋を手袋を愛用していましたが、下記の画像のように指先だけカットされていて、スマホや細かい作業をするときもすごく便利でした♪

今年もしまむらで探したのですが見当たらず・・・安くて機能性もあって気に入っていたので残念^^;

 ③ ハンカチを使用する

お店などでお手洗いに行った際に、何で手を乾かしていますか?

最近では、ハンドドライヤーがどこにでもあるのでそちらを使用している人が多いかと思います。

しかし、ハンドドライヤーは手の乾燥を悪化させてしまうことがあります。

ハンカチを持ち歩く習慣をつけて、手が濡れたときにはハンカチで拭くようにしましょう。

スポンサーリンク

手の甲が日焼けしてしまったら早めのケアが大切

手の甲がうっかり日焼けしてしまった場合には、“冷やす”ことと“保湿”することが重要になってきます。

日焼けは火傷と同じで、皮膚に炎症が起こっています。

そのため素早く冷やしてあげることで炎症を抑えることができます。

その次にたっぷりの美容液で保湿をして乾燥を防いであげてくださいね。

美白ケアは“継続が力”となります。

今日ケアを始めたから明日美白になっているかと言ったら、そんなことはありません^^;

毎日継続して行うことで、より効果を発揮してくれます。

毎日行うフェイスケアのついでに、手の美白ケアも行うように心がけましょう。

まず、大きめのコットンに美白化粧水をたっぷり含ませます。

そのコットンをそのまま手の甲に貼ってください。

普通に化粧水で保湿するよりも、コットンパックを行うことで浸透率が上がります。

3分ほどパックしたら、美白美容液を手の甲にたっぷりと塗り込みます。

そしてそのうえから普段お使いのハンドクリームを塗りこむと、美容成分たっぷりの美しい手に仕上がります。

スポンサーリンク

うっかり日焼けしちゃった・・・

そんなときでも焦らず正しいケアを行うようにしてくださいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です