酒粕は妊娠中控えたほうがいい?加熱調理すれば大丈夫?

酒粕って栄養がたっぷりで美容や健康にいいけれど
妊娠中は控えるべきなんでしょうか?

せっかくだから、お腹の中の子にも、
栄養を送ってあげたいですよね。

今回は妊娠中の女性なら絶対に知っておきたい、
酒粕は胎児に影響があるのかどうかを紹介します。

スポンサーリンク

妊婦さんの酒粕|加熱してアルコール飛ばせばOKでしょ?

妊娠中でしたら、酒粕はもちろん
酒粕から作った甘酒も飲むのはNG!

酒粕って意外にも
6~8%くらいのアルコールが含まれるんですよ。

加熱してある粕汁なら大丈夫、と思われますが、
実は粕汁にも5%前後のアルコールが含まれます。

妊婦さんは粕汁も食べない方が安心ですよ。

ということは酒粕って、加熱してあったとしても、
まだアルコールが残っているから
妊娠中は控えるべきなんですね。

ただし、酒粕はアルコールを飛ばして調理すれば、
妊娠中でも授乳中でも安心して食べられますよ。

78℃以上の温度で加熱するとアルコールを飛ばせるので、
まずは酒粕に水かお湯を混ぜて鍋に入れて
グツグツと沸騰させていきましょう。

4分以上煮込めばアルコールが飛ぶので、
冷やして料理に使いましょう。

また、沸騰した段階で、
鍋の中の液体にチャッカマンなどで直接火を点ければ、
より確実にアルコールを飛ばせます。

要するに水を混ぜた酒粕をフランベすることなんですね。

フランベすると、直接点けた火が消えた時点で、
アルコール分が飛んだことが目で分かります。

酒粕のアルコール分を飛ばすって、
ちょっと手間がかかりますね…。

でもそうすればお腹の赤ちゃんにも安心なので、
もし酒粕を食べる時は
しっかりアルコールを飛ばしましょう。

ちなみに甘酒は酒粕ではなく、
米麹から作られたものでしたら
妊婦さんや小さい子が飲んでも平気ですよ!

スポンサーリンク

少量のアルコールでも胎児に影響は出るの?

妊娠中に絶対知っておきたいのが、
アルコールによって及ぼしてしまう胎児への影響。

基本的に、妊婦さんがアルコールを摂取してしまうと、
それが胎児にも送られてしまい、
胎児アルコール症候群を引き起こしてしまいます。

すると胎児の知能障害や発育不全、
奇形などの原因にもなるので、
健やかで元気な赤ちゃんを産むためにも
妊婦さんはアルコールを摂取しないようにしましょう。

ほんの少しのアルコールを摂取した程度では、
必ずしもこの症候群を引き起こすわけではありませんが、

胎児の健康と成長を守るためにも、
アルコール分を含む飲食物は控えるのが無難。

酒粕や甘酒だけでなく、お酒入りのお菓子や栄養ドリンク、
エナジードリンクなども妊婦さん、授乳中はNGですよ。

スポンサーリンク

まとめ

酒粕はアルコール分が結構多いため、
妊婦さんが食べるのはNG!

粕汁にもアルコールが含まれるため、
妊娠中は食べないでおきましょう。

しっかり加熱してアルコールを飛ばしたものか、
米麹で作った甘酒ならOKですよ。

アルコールは微量であっても、
胎児に何らかの影響を及ぼす可能性があります。

お腹の赤ちゃんの健康を守るためにも、
酒粕やそれを使ったものは
なるべく食べないようにしてくださいね。

おすすめ関連記事

  あさイチ|酒かすは40代以上の肌のコラーゲンをアップ!酒粕レシピで美肌&冷え性改善

  酒粕をそのまま生で食べる効果とは?熱で失われる栄養素

  酒粕をそのまま焼くとどんな味?簡単美味しいレシピも紹介

  酒粕を食べて車に乗ると飲酒運転になるの?過去に捕まった例

  酒粕を使った甘酒や粕汁を子供が食べても大丈夫?

スポンサーリンク