あさイチ|夏老け克服メーク|猛暑でも化粧崩れしにくく素肌っぽいメイク講座

7月11日放送のNHKあさイチで、夏老け克服メイクが紹介されました。

朝せっかくメイクしたのに、夕方にはメイク崩れしてしまい「くすみ」や「たるみ」が気になる・・・そんな経験ありませんか?

番組では、そんな夏老けメイクのお悩みを一掃できる、夏老け克服メークが紹介されました♪

7月12日放送の夏老け克服メイクの2回目「日中のメイク直し」はこちら!
  あさイチ|夏老け予防メイク2回目|5分で崩れたファンデとパンダ目をカバーする方法

スポンサーリンク

夏に女性の顔が老ける?夏老けとは

「夏老け(なつふけ)」とは、夏の夕方になると「たるみ」や「くすみ」が出て老けて見えてしまう現象のこと。

朝と夕方で一日の顔が変化してしまった・・・そんな経験のある女性も多いのではないでしょうか?

40代女性の朝の顔と夏の夕方の顔を比較したところ、朝にきれいにメイクした顔が、夕方にはくすみとたるみが目立ち、一日で顔がかなり変化していました。

夏は、紫外線や冷房による「乾燥」や、「汗」などの影響で肌がダメージを受けてしまいます。

番組では、そんな夏老けをメイクでカバーする方法が紹介されました♪

 

夏老け克服メーク法

夏老けは一晩で回復するときもあれば、蓄積してしまうダメージもあり、その名のとおり本当に老けた印象になってしまいます。

番組では、以前「メイク更年期」特集にも登場した、メイクアップアーティストの山本浩未さんが「夏老け克服メイク」を教えてくれました♪

  あさイチ|メイク更年期?ベースメイクで「たるみ」と「くすみ」を解消!

下準備のやり方

山本さんによると、メイク前の肌づくりが大切とのこと。

まずは肌の状態をよくするために蒸しタオルを使い血行をよくするところからスタートです。

やり方は簡単!

  1. 45~50℃のお湯にタオルをつけてしっかり絞った「蒸しタオル」を準備
  2. タオルを顔に当てて温める
  3. タオルが冷えたら、もう一度作り、また温める(蒸しタオル×2回)
  4. 耳の周りを刺激し、首からデコルテに向けてやや強めに刺激しながら拭く
  5. 冷水でタオルを冷やし絞ったら、顔に当てて冷やす
  6. いつもどおりのスキンケア(化粧水や乳液など)をする
二回蒸しタオルを当てることで、肌の奥までゆるんでスキンケアの浸透がよくなります。

温めたあとにすぐ冷やすことで顔がシャキッとし、化粧がのりやすく崩れにくい肌に。

スポンサーリンク

ベースメイクのやり方

ポイントは、ミルフィーユメイク

顔に薄い層を作るように下地、メイクを重ねることで化粧崩れしにくくナチュラルな肌に仕上がります。

最初は、ミルフィーユの一番下の層、化粧下地がポイント!

化粧下地

化粧下地には大きく分けて3つあります。

  • くすみ防止
  • 保湿
  • 皮脂・テカリ防止

夏におすすめなのは、皮脂・テカリ防止をうたった化粧下地です。

  1. 化粧下地を顔に数カ所おく
  2. 両手を使って顔全体すみずみまで薄く伸す

 

夏メイクのお助けアイテム!水スポンジ

スポンジに水をつけた「水スポンジ」は夏メイクのお助けアイテム!

水スポンジの作り方、使い方も簡単です。

  1. スポンジに水をつけて絞り、ティッシュで軽く水分を取る
  2. 水スポンジを使って下地の上をトントンとパッティングする
スポンジに余分な下地がとれ、水分が蒸発するときにピタッと密着。透明感が出てくるそうですよ!

下地+水スポンジ」で、いつもの下地効果がアップしそうですね♪

リキッドファンデーション

ファンデーションは、夏でもリキッドタイプがおすすめ。

下地+水スポンジで整った肌に重ねていきます。

  1. 量はふだんの8割ほどを顔に薄く塗っていく
  2. 水スポンジで軽く押さえる(スポンジを再度ぬらす必要なし)
顔全体に塗るのはNG!フェイスラインまで塗らないのがポイントです。

フェースパウダー

夏におすすめの色は濃いベージュ

少し健康的な濃いめの色を選んだほうが顔立ちがスッキリするそうです。

  1. 最初はフェースラインから塗る
  2. 水スポンジで軽く押さえる
顔の中心からはじめると粉っぽくなるので注意。

水スポンジをまた使うことで、粉っぽさがとれて素肌っぽい仕上がりに。

これで、素肌感がありながらも猛暑で崩れにくいベースメークの完成!

水スポンジは面倒だと思う方もいると思いますが、一度絞るとそのまま最後まで使えるので意外にお手軽ですね。

ポイントメイクのやり方

目回り、口周りのポイントは「立体感」

山本浩未さんが、夏映えするポイントメイクも教えてくれました♪

アイライナー

夏におすすめのアイライナーは、汗に強いウオータープルーフタイプ

  1. アイライナーをひく
  2. 麺棒の先を少しつぶして先を使い、描いたライナーをなぞってぼかす
  3. もう一度ラインを引く
二度アイライナーを使うことで崩れにくくなります。

マスカラ

立体感を際立たせるマスカラも、夏におすすめは汗に強いウオータープルーフタイプ

  1. マスカラを根元にしっかりつける
根元をしっかり黒くすることでアイラインと一体化。自然に目元をくっきり見せてくれます。

リップグロス

夏はつややかな「リップグロス」がおすすめ。口元に立体感を出してくれます。

  1. 口角にファンデーションを薄く塗る(自然と口角が上がって見える)
  2. 下唇だけにリップグロスを塗る
  3. 上唇と下唇を合わせてリップグロスをなじませる
  4. 軽くティッシュオフする
  5. もう一度、リップグロスを「中央」だけにつける(立体感が出る)

ハイライター

立体感を整える「ハイライター」は夏にチャレンジしたいアイテムのひとつ。

顔の高い部分に乗せると顔に立体感が出ます。

  1. ハイライターをブラシにとったあと余計な粉を落とす
  2. 黒目の下からこめかみに向けて塗る
  3. Tゾーンの縦ラインは目頭まで
ハイライターを入れることで、太陽の光の下で型崩れした大人の顔がシャキッと見えるそうです。

これで、ナチュラルに見えるのに崩れにくい大人メイクの完成!

スポンサーリンク

さいごに

ちょっとした手間で夏老けが予防できるメイク、ぜひ試してみたいですね!

夏老け予防メイクの2回目は、日中のメイク直し!5分で崩れたファンデとパンダ目がカバーできるメイク術も必見です♪

 

おすすめ関連記事

  あさイチ|夏老け予防メイク2回目|5分で崩れたファンデとパンダ目をカバーする方法

  あさイチ|メイク更年期?ベースメイクで「たるみ」と「くすみ」を解消!

  あさイチ|目まわりの印象を変えるアイメイク術!メイク更年期

  あさイチ|チークや口紅で顔色を血色良く見せる技!メイク更年期3回目

   あさイチ|大人のまつげの老化|アイメイクの注意点・まつげを育てる基本レッスン

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です