なぜ私だけ?白髪になる人、ならない人には明確な違いがあった

同じ年代なのに、全く白髪がない人と、
白髪が目立ってしまう人がいますね。

この差は一体何なんでしょうか?

自分だけ白髪がやたらと目立つと、
そうでない人がすごく羨ましく見えてしまいます。

そこで今回は、白髪に悩む女性必見!

白髪になる人とならない人の違いを解説していきます。

スポンサーリンク

白髪になる人、ならない人。遺伝が大きく影響している?

同い年でも白髪になってしまう人と、
全く白髪が生えてこない人がいます。

このように差が出てしまう原因の一つは、
やっぱり遺伝の影響ですね。

薄毛と同じように、遺伝によって白髪になりやすいか、
そうでないかに分かれてしまうんです。

遺伝によって白髪になってしまう人の場合、
親や親戚も白髪が目立っているケースがほとんど。

まれに隔世遺伝といって、親はそうでもないけれど、
おじいちゃんおばあちゃんは白髪が特に目立つ人だった、
なんてこともあるんですよね。

ちなみに、筆者の両親も割と白髪がある方だったので、
この先ちょっと不安です…。

ただ、一見まったく白髪が生えていなくても
実はカラーリングして染めている
という人も少なくないので、

どうしても白髪が気になってしまうのなら、
いっそのこと染めた方が気持ち的に良いかも知れません。

スポンサーリンク

白髪はストレスやホルモンバランスの乱れなども影響

ストレスやホルモンバランスの乱れも、
白髪が生える大きな原因の一つ。

遺伝による白髪が先天性
つまり生まれながらにしての原因だとすると、

ストレスやホルモンバランスの乱れは後天性
つまり後から白髪を発生させる原因なんですね。

女性に多いのが、妊娠や出産、離婚など、
生活環境が変わってから白髪が一気に増えたというケース。

ストレスが溜まったり、
ホルモンバランスが崩れてしまった影響で、
白髪が増えていったんですね。

ということは、
ストレスやホルモンバランスの乱れに気を付ければ
白髪を予防することも出来るというわけです。

ただし、女性は妊娠や出産だけではなく、
毎月の生理などで、ホルモンバランスがとっても乱れがち。

そのため、大豆製品がもつイソフラボンを中心に、
タンパク質、ミネラル、ビタミンなど、
栄養をなるべくバランス良く摂っていきましょう。

また、黒ゴマや海藻類、生姜、牡蠣(かき)、シナモンなどは、
白髪の改善にとても効果的なので、
積極的に摂っていくのが良いですね。

  シナモンが白髪改善に効果あり?髪に与える嬉しい作用とは

あとはストレスを溜めないこと。

環境や生活状況によっては、
どうしてもストレスが溜まってしまいがちですが、
出来る限りストレスとなってしまうものからは
距離を置くようにしましょう。

そうすればきっと白髪の抑制に繋がりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

白髪になる人とならない人の違いは、遺伝によるものか、
過度なストレスやホルモンバランスの乱れによる
影響を受けているから。

もしくは、白髪を染めている人も多いので、
目立つ白髪は染めてケアしていきましょう。

あとはストレスを解消し、
栄養をバランス良く摂っていくと改善できますよ!

おすすめ関連記事

  シナモンが白髪改善に効果あり?髪に与える嬉しい作用とは

  【あさイチ】40代からのグレーヘア|カラーをやめて白髪を生かす女性に賛否両論

  白髪を染めない女性が増えてる?40代からのグレーヘアで気をつけたいポイント

  2018年流行語大賞にグレイヘアがノミネート!白髪を染めない人気上昇中?

スポンサーリンク