みかんを食べ過ぎると手のひらや足の裏が黄色くなるのは病気なの?




コタツの上に置いてある果物といえば何?

きっと、「みかん!」という人が圧倒的に多いと思います。
寒い日にオコタでみかん♪これって日本の冬の風物詩という感じがしますよね。

「みかんはビタミンCも豊富だし、果物だから平気!」といって、お菓子をいっぱい食べるよりも罪悪感なしにパクパク食べちゃうのは私だけでしょうか。笑

小さい頃にみかんをいっぱい食べたときに、よくおばあちゃんに言われたのが「そんなに食べると手足が黄色くなっちゃうよ」

実際に食べすぎるとてのひらや足の裏が黄色くなり不思議に思ったものですが、あなたもそんな経験はありませんか?

スポンサーリンク


みかんを食べすぎるとなぜ黄色くなるのか?

これはみかんに含まれる『カロチン』によるものだといいます。

みかんを食べると・・・

  1. ミカンの栄養分が小腸で吸収される
  2. 血液により全身へ送られる
  3. 血液に含まれるカロチン濃度が濃いと、血管が透けて見えるため黄色く見える

みかんのほかにもカロチンが多く含まれる食物は同じ現象が起こるようです。

 

黄色くなるのはみかんだけではない

みかんの他にカロチンが多い食物に、人参、かぼちゃなどがありますが、これらも食べ過ぎるとてのひらが黄色くなりやすいといいます。

特に子供は皮膚が薄いため、大人よりも黄色く見えやすいようです。

たしかに、大人になってからみかんを食べ過ぎてもあまり気にならないですが、小さいときほど黄色くなったかも・・・

小学生の頃、みかんを食べると特に黄色くなる男の子がいて、騎馬民族ならぬ「黄ば民族だ!」とからかわれていたのを思い出しました。苦笑

 

黄色くなる症状は医学的に証明されていた!

ちなみに、このようにミカンによって手のひらや足の裏が黄色くなることを「柑皮症(かんぴしょう)」といって、医学的にも証明されているとか。

この場合、みかんの食べすぎによって黄色くなる分には健康への影響はないようなので、特別な治療をする必要はなく、みかんを食べるのを控えると自然に肌の色は戻るそうですのでご安心を。

他にもみかんの食べ過ぎが原因なのに、「子供が黄疸にかかった」と勘違いする親御さんもいるようです。

黄疸は、なんらかの理由で黄色化した体液が細胞組織を巡って、皮膚や目が黄色くなる状態をいうらしいですが、黄疸を発生させる疾患は数多くあるそうなので、気になる方は受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク


おすすめ関連記事

年末の大掃除に!気になる汚れを落とすオレンジパワー
  みかんの皮で油性マジックインキの汚れが落ちる?ナチュラル洗剤の作り方

年末の大掃除、憂うつだな…という方にもおすすめ!
  【あさイチ】名前のない家事まとめ|イライラ・モヤモヤを解消する方法

年賀状もう書いた?今年こそ美文字年賀に挑戦!
  【あさイチ】2018年賀状を美しい字で書くコツ|美文字の伝道師・青山浩之

クリスマスにもおすすめ!高級ワインじゃなくても美味しくて幸せ icon-heart
  【あさイチ】1000円ワインの選び方から裏技まで|カベルネは●●イケメン?ワイン擬人化

コタツで食べるアイスクリームって至福のひとときですよね♪
  【あさイチ】アイスクリーム専用スプーンとは?おしゃれで便利なアルミ鋳物【富山県高岡市】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です