あいうべ体操でいびきは軽減できる?その効果と正しいやり方

家族にいびきがうるさいと言われてしまったら、
ぜひ『あいうべ体操』を試してみましょう!

「いびきを軽減させるのに役立つ」
といわれていますが、果たしてその効果は?

今回は、いびき対策におすすめ『あいうべ体操』の効果と、
正しいやり方を紹介します!

スポンサーリンク

いびきに効く「あいうべ体操」の効果とは

いびきは寝ている時に口呼吸になってしまうのが原因。

つまり鼻呼吸に変える必要があるんですね。

この『あいうべ体操』は、
口呼吸から鼻呼吸へ変える効果を持っているため、
いびき対策にもかなり効いてくるんですよ!

そもそも『あいうべ体操』は
舌の筋力を鍛えるためのものです。

舌の筋肉がおとろえてしまうと
口呼吸をしがちになり、
寝ている時もいびきをかいてしまいます。

まず試しに口を閉じた時、舌がどこの位置にあるか、
確かめてみてください。

もし舌の筋肉がおとろえていなければ、
口を閉じた時、舌は上あごに付いているはずです。

舌が下の歯に付いているか、宙に浮いた状態なら、
それは舌の筋肉がおとろえているため、
口呼吸しやすくなっているので要注意ですよ!

でも、『あいうべ体操』をすれば、
舌の筋肉が鍛えられるため、口呼吸をしにくくなります。

ということでいびきが気になる人はぜひ、
『あいうべ体操』をしていってみましょう。

スポンサーリンク

いびきに効果的な「あいうべ体操」のやり方

『あいうべ体操』のやり方はとっても簡単!

まず口を『あ』と発音する時の形に大きく開きます。

今度は横に大きく口を開いて『い』、
口を前に強く突き出して『う』、
最後に舌を突き出して『べ』と口を動かしていきましょう。

これを1日30回繰り返せば、
だいたい3週間ほどで効果が現れますよ!

ポイントとしては、なるべく口は大きく動かすこと。

そうすれば、寝ている時も鼻呼吸になるので
口が開いていびきをしてしまう心配もなし!

簡単だけれど効果が抜群って
かなり良いですよね!

しかも、人前でなければ割とどこでも出来る体操なので、
比較的、簡単に続けていきやすいのではないでしょうか?

家族と自分のためにも、
ぜひ『あいうべ体操』を試してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

『あいうべ体操』は舌の筋肉を鍛えることで
口呼吸から鼻呼吸にシフトチェンジする効果を持ちます。

いびきの原因ってたいていは寝ている時の口呼吸なので、
この『あいうべ体操』で簡単に改善できるでしょう。

『あいうべ体操』は
口を大きく「あ、い、う、べ」と動かすこと。

1日30回続けていけば、
3週間ほどで効果が出てきますよ!

早速今日から『あいうべ体操』を始めていきましょう。

おすすめ関連記事

  意外に簡単!いびき枕をおうちにあるもので手作りしよう

  お酒を飲むといびきが大きくなるのはなぜ?原因と2つの対策

  いびきをかく女性の悩みは深い…改善に導く4つの方法

  いびき防止テープが効かない人に試してほしい2つのこと

  これが自分のいびき音⁉いびきアプリが怖い…

スポンサーリンク