栗きんとんをくちなしの代用品で黄金色に仕上げるアイデア

栗きんとんをキレイな黄金色に仕上げるには、
くちなしの色素を使って色付けします。

でも、家庭にくちなしの色素がなかい場合も多いですよね。

そこで今回は、栗きんとんの色付けに使える、
くちなしの代用品を紹介します。

スポンサーリンク

【栗きんとん】くちなしの代用におすすめはこの2つ!

栗きんとんを鮮やかな黄金色に仕上げたいけれど、
くちなしがない場合は、

ターメリックかオレンジジュースを使いましょう!

くちなしの代用その1:ターメリック

まずターメリックですが、スパイスなので栗きんとんに使うと、
独特の香りがついてしまいそうで心配ですよね。

でも意外と香りも味も気にならない仕上がりになるので、
安心していいですよ。

ターメリックを使うタイミングは、
さつまいもを茹でる時です。

その際、どうしても茹でている間中は、
ターメリックのニオイがしてきますが、
だんだん消えて行くので問題ないですよ。

くちなしの代用その2:オレンジジュース

1つ目におすすめしたターメリックですが、
ご家庭に常備していないという方も多いですよね。

栗きんとんのためだけに買うのもモッタイナイし・・・

そんな方におすすめなのが、
オレンジジュースをくちなし代わりに使うこと。

ターメリックよりも香りが強くないし、
使いやすそうですよね。

オレンジジュースも同じく、さつまいもを茹でる時に入れましょう。

ポイントは100%のオレンジジュースにすること。

分量ですが、さつまいも300gに対して、
オレンジジュース200mlと水100mlを鍋に注いで茹でればOK!

通常の栗きんとんよりも、ほのかに酸味があって、
すっきりした味わいになるので、
甘いものがそこまで好きでない人にもおすすめです。

くちなしがなくても、意外なもので代用できたんですね!

個人的にオレンジジュースで代用するのがおすすめなので、
ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

黄金色の栗きんとんにするにはサツマイモの種類が重要

栗きんとんをより黄金色に仕上げるには、
材料に使うさつまいもの種類も重要になるんですよ。

栗きんとんに使うべきなのは「金時芋」という品種。

金時芋はさつまいもの中でも、
比較的に黄色味が強いため、
かなりキレイな黄金色が出るでしょう。

ちなみに、栗きんとんの変わり種として、
さつまいもは紅芋や紫芋を使う場合もあるんですよ!

でも一般的なのはやっぱり、
金時芋を使うことですね。

金時芋を使えば、くちなしを入れなくても、
割としっかり黄金に色付きます。

もちろん、くちなしやターメリック、
オレンジジュースも入れれば、
更に鮮やかさを増した黄金色の栗きんとんになりますよ。

さつまいもの種類によっても、
栗きんとんの色が左右されるって、
ちょっと驚きですね。

見た目もキレイな栗きんとんを作るなら、
ぜひ材料もしっかり選びましょう。

スポンサーリンク

まとめ

栗きんとんの着色に使うくちなしがなくても、
ターメリックやオレンジジュースでも代用できますよ。

また、材料に使うさつまいもを金時芋という品種にすれば、
黄色味が強くなり、より鮮やかな発色になるので、
ぜひ試してみてください。

おすすめ関連記事

  はじめての伊達巻作り♪巻きすがないときの代用アイデア

  伊達巻の塩分は?おせち料理の中では多いほう?

  栗きんとんはなぜ高い?カロリーだけじゃない値段も高いワケ

  なぜ1位?栗きんとんがおせち料理の中で一番太りやすい理由

  余った栗きんとんは冷凍保存できる?正しい冷凍・解凍方法

スポンサーリンク