なぜ1位?栗きんとんがおせち料理の中で一番太りやすい理由

おせちって日持ちさせるために、
どの料理も基本的に味が濃く作られています。

そのため、結構太りやすいんですよね…。

中でも一番太りやすいと言われているのが栗きんとん!

今回はそんな、栗きんとんのカロリーや糖質など、
太りやすい理由を解説していきます。

スポンサーリンク

ダイエット中の方必見!栗きんとんのカロリーや糖質

ダイエット中なら、食べ物のカロリーや糖質が気になりますね。

おせち料理の定番、栗きんとんはどのくらいなんでしょうか?

栗きんとんは1食分である約180gだけで、なんと382kcal!

糖質にいたっては、73.8gも含まれるんです。

確かに栗きんとんって甘いから、
これだけカロリーや糖質が高くてもおかしくないですね。

ダイエット中の人は、
くれぐれも栗きんとんの食べ過ぎには注意しましょう。

ちなみに、栗きんとんの栗の甘露煮一粒だけだと、
カロリーは85kcalで糖質はおよそ16.4gです。

どうしても栗きんとんが食べたい時は、
一粒だけなど、少量に留めておくのがベストですよ。

冬場、特にお正月は太りやすいと言われますが、
確かにこたつでゴロゴロしながら
カロリーや糖質の高いものを食べていれば、
太ってしまうのも納得です。笑

スポンサーリンク

栗きんとんがおせち料理の中で一番太りやすい理由

栗きんとんの主な材料である栗もさつまいもも、
どちらも炭水化物なんです。

ほぼ炭水化物で出来ている、ということは、
糖質が多いのも当然ですね。

しかも、栗は甘露煮になっているものを使っているので、
糖分もたっぷりなんですよね。

甘露煮だけじゃなく、栗きんとんの味付けにも、
砂糖やみりんなどが使われるため、
よりカロリーも高くなっています。

栗きんとんって、ダイエット中に避けたい、
炭水化物と糖分が詰まった食べ物だったんですね…。

でも、栗きんとんが好きな人は多いはず。

もしどうしても栗きんとんを思う存分食べたいのでしたら、
自分で手作りしてみるのがおすすめです!

どうしても市販の栗きんとんは、
砂糖をたっぷり使っているため、
甘くなり過ぎてしまいがち。

でも手作りすれば、砂糖やみりんの量も調節できるので、
甘さ控えめのヘルシーな栗きんとんを作ることも可能なんですよ。

また、最近では糖質オフのおせちも取り寄せられるので、
カロリーや糖質制限したい人は、
ぜひそういった物を選ぶようにしてくださいね。

 

まとめ

栗きんとんが太りやすい理由は、
原材料がほぼ炭水化物であり、
砂糖やみりんなどもたくさん使われているから。

そのため、カロリーは180gで382kcalもあり、
糖質も73.8gとかなり高め。

甘さ控えめの栗きんとんを作ったり、
糖質オフのおせちなどで、
太らないように気を付けていきましょう。

おすすめ関連記事

  伊達巻が甘い、甘すぎる…糖質やカロリーは大丈夫?

  栗きんとんをくちなしの代用品で黄金色に仕上げるアイデア

  栗きんとんがパサパサに!美味しく復活させるアイデア2選

  余った栗きんとんは冷凍保存できる?正しい冷凍・解凍方法

  栗きんとんはなぜ高い?カロリーだけじゃない値段も高いワケ

スポンサーリンク