手作りした伊達巻の日持ちは何日?保存の仕方で変わる?

手作りした伊達巻って、どのくらい日持ちするんでしょうか?

作るのはだいたいお正月だから、
常温でも多少は日持ちしそうですよね。

でも、保存の仕方を間違えると、
せっかくの美味しい伊達巻が台無しになるかも!?

今回は、お手製伊達巻の日持ちする期間と、
ベストな保存方法を紹介します。

スポンサーリンク

手作りした伊達巻の保存方法別・賞味期限の目安

手作りした伊達巻は、冷蔵か冷凍保存が一番!

でも、お正月の準備をすると、
冷蔵庫がもうパンパンに詰まっていることってありませんか?

我が家は冷蔵庫がいっぱいになってしまいます…。

ということで、まずは伊達巻を常温、冷蔵、冷凍した場合、
賞味期限はどうなるのかまとめました!

伊達巻の賞味期限【常温】

冷蔵庫がいっぱいで常温で保存する場合は、
ラップでまずしっかり包み、タッパーに入れておいて、
直射日光の当たらない、涼しい場所で保管しましょう。

暖房もなるべく当てないようにして、
キッチンの端っこなどに置いておくと良いですね。

ただし、それでも賞味期限は1~2日程度なので、
できる限り早めに食べるか、冷蔵保存しておくのが安心ですよ。

伊達巻の賞味期限【冷蔵】

ラップをしっかり伊達巻に巻いてから、
保存袋かタッパーなど密閉できるものに入れて冷蔵庫に入れます。

既に切れている伊達巻は、
1切れずつラップしておくと良いですよ!

そうすれば、最長で約1週間は日持ちするので、
お正月中は心配いりませんね。

伊達巻の賞味期限【冷凍】

冷凍する場合、伊達巻をラップで包み、
フリーザーバッグに入れて空気を抜いて密閉させます。

後は冷凍すれば、だいたい1ヶ月は日持ちします。

やっぱり冷凍した方が、一番賞味期限が長くなるんですね!

冷凍した伊達巻は、食べる前日に冷蔵庫に移して、
ゆっくり解凍させると美味しいですよ。

もちろん、レンジでチンして解凍してもOKです。

スポンサーリンク

手作りした伊達巻の日持ちを良くするには

手作りした伊達巻を少しでも長持ちさせるには、
砂糖を多めに入れるか、レモン汁を少し加えて作ることで、
より日持ちしやすくなりますよ。

あとはやっぱり、冷凍で保存することですね。

もちろん、2~3日で食べ切れるのなら、
冷蔵保存でも大丈夫ですよ。

でも、鮮度を保っておきたいなら、
冷凍がベストなので、もし伊達巻が余ったら、
冷凍庫で保管しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

伊達巻は常温だと1~2日、
冷蔵だと1週間、冷凍なら1ヶ月は日持ちします。

いずれの保存方法の場合も、ラップでしっかり包み、
タッパーかフリーザーバッグに入れておくと良いですよ。

砂糖を多めにしたり、レモン汁を加えると、
より賞味期限が長くなるので、お正月に自家製伊達巻を作る際は、
ぜひ試してみてくださいね!

おすすめ関連記事

 

スポンサーリンク