妊娠中の不眠はいつまで続くの?眠れない原因と解消法

妊娠中、なかなか眠れず、不眠になってしまうことがあります。

でもなぜ妊娠すると不眠になりやすくなるんでしょうか?

そしてどうやって解消すれば良いのかも気になるところ。

そこで今回は、妊娠による不眠の原因と解消法を紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の不眠はいつまで続くの?眠れない原因は?

妊娠中の不眠の主な原因は、頻尿や精神的不安などと考えられます。

お腹に赤ちゃんができると、子宮が大きくなるため、
膀胱が圧迫されやすくなり、トイレが近くなってしまいます。

夜中、トイレに何度も起きてしまい、
寝不足になったり、寝付けなくなってしまうことが多いんですよね。

また、初めての妊娠だと、出産や子育ての不安から、
精神的ストレスを抱えてしまう女性も少なくありません。

特に妊娠初期の頃は、流産する可能性もあるため、
気が気でない場合もあるでしょう。

もちろん、つわりで寝付けないほど体調が悪くなる、
ということもあり得えます。

妊婦さんが主に不眠になってしまうのは、
やっぱり妊娠初期の頃。

確かに、お腹に赤ちゃんが宿って嬉しい反面、
つわりが始まったりして、何かと不安だったり、
体調面も優れない時期です。

ただし、人によっては妊娠中期や後期でも、
不眠になってしまう場合もありますよ。

中期の場合はお腹が大きくなったことによって、
仰向けやうつ伏せで寝るのが難しくなるし、
動悸がして寝付けない場合もあります。

そして後期は、お腹の中で赤ちゃんが元気に動き回る胎動で、
寝ている途中で目が覚めてしまうこともあるんですよ。

でも基本的には、やっぱり初期の頃に不眠になるケースが多いです。

眠れないと体力低下につながるので、
早めに解決していきましょう。

スポンサーリンク

妊娠中に不眠症の薬や漢方を飲んでも大丈夫?解消法は?

妊娠中に不眠症になってしまったら、
自己判断で薬を服用するのはとっても危険です。

どうしても薬が欲しい時は、
かかりつけの産婦人科医に相談してみましょう。

ただし、漢方薬なら妊婦さんが飲んでもOKなものがあります。

例えば、香蘇散(こうそさん)や桂枝加葛根湯(けいしかかっこうんとう)などは、
頭痛や悪寒、嘔吐などに効きますよ。

でも、漢方薬を飲む時も、必ず薬剤師などに相談してからにしましょう。

また、つわりがひどくて眠れない時は、
グレープフルーツやレモンなどのアロマをかぐのがおすすめ。

精神的に不安定な時期は、ネロリなどの香りをかぐと良いですよ。

そして、つわりも治まってからの不眠には、
ラベンダーの香りがおすすめ。

リラックスしてよく眠れるようになります。

妊娠中はどうしても夜に眠れない場合も多いので、
夜は眠れなくても布団に入って目を閉じるだけで大丈夫です。

そして日中に眠くなったら、少しでも寝て休んでおくと良いですよ。

妊娠中は眠くなったら寝る、という生活をしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

妊娠中の不眠は主に初期の頃で、
頻尿や精神的不安、つわりなどが原因とされています。

不眠症の薬を服用したい時は産婦人科医に相談して、
漢方を使う時も薬剤師さんに聞いて、合うものを出してもらいましょう。

あとはアロマオイルで気持ちを落ち着けたり、
夜に無理して眠ろうとしないで、眠くなったら寝る、
という生活を送るようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です