浮き輪の子供のサイズの目安&選び方!正しく選んで安全に遊ぼう

夏といえば、海やプールに行く機会が多いですよね。

子供も大人も使う浮き輪。とくに小さな子供には必要になりますが、正しく選ばないと危険な場合も!

混雑したプールや海で人とぶつかり浮き輪が落ちたり、ひっくり返ったりしてしまいます。

お子さんの年齢別に浮き輪のサイズをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

【子供用の浮き輪】サイズの目安&選び方

  • 4歳/胸囲の目安54センチ 45〜50センチのサイズ
  • 5歳/胸囲の目安56センチ 50〜55センチのサイズ
  • 6歳/胸囲の目安58センチ 55〜60センチのサイズ
  • 7歳/胸囲の目安60センチ 60〜65センチのサイズ

子供の浮き輪を選ぶ時に、安全性が高いといわれているキャラクターがついた浮き輪を選ぶといいです。

もし、キャラクターの浮き輪をしていて何かあったとしたら、キャラクターのイメージが損なわれてしまいます。

そのため、キャラクターの製品は生地が厚くて破損しにくく、厳重にチェックもされています。

安全性が高いので安心できますね。

スポンサーリンク

緊急事態に役立つ、浮き輪の修理はテープを使え?!

海やプールで活躍する浮き輪。

泳げない子供だけでなく、大人も使いますよね。

いざ使おうとした時に、「どこか穴が開いていたのか浮き輪がしぼんでしまった。」
「シーズンオフにしまっていた浮き輪に穴が開いていた。」

なんて経験ありませんか?

浮き輪の修理をする方法の1つとして、セメンダインビニール用接着剤などがあります。

浮き輪の穴の大きさにもよりますが、塞ぐことができる大きさなら、破れたところ同士に接着剤をつけてつなぎます。

1度つけて乾かす作業を3回ほど繰り返すと、長持ちするようです。

すぐに乾かしやすいので、使いやすい接着剤です。

浮き輪の修理の2つめのコツとして、テープを使う方法もあります。

テープでの補修は、お手軽なので初心者の方にオススメします。

接着剤と違い乾かす時間や手間もかかりません。

ビニール用の補修テープなのですが、ホームセンターなどで手に入ります。

補修テープなら貼るだけなので簡単ですね。

スポンサーリンク

これならできる!浮き輪の空気入れとコツについて

浮き輪の空気入れるのに、口でフーフーと膨らませてたら疲れてしまいますよね。

もっと楽な空気入れのコツは、ないのでしょうか?

そこでストローだけで空気の入れるコツについて説明します。

用意する物は、浮き輪の空気穴に入るサイズのストローを用意します。

やり方として、浮き輪の空気穴にストローを差し込みます。

その後に、ストローから口で空気を入れます。

ストローを使った方が早い理由は、浮き輪などの空気穴には弁があり、入った空気の逆流を防いでいるそうです。

その弁をストローが押すことで、空気をスムーズに入れることができるようです。

ストローなら、忘れたとしてもコンビニで買って手に入ることができますし、荷物にならないですよね。

スポンサーリンク

さいごに

夏は海やプールに行く機会が多くなるので浮き輪も活躍しますね。

大事なお子さんには年齢にあったサイズの浮き輪で思いっきり楽しませてあげてください♪

浮き輪の空気入れも楽に入れるコツを参考にして、夏を満喫しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です