さつまいもをレンジで柔らかくしっとり仕上げる方法

さつまいもは、スイートポテトや大学芋など様々なレシピで旬の味を楽しむことができます。

しかし、その工程としてまずは基本のふかし芋の手順をおさえておく必要がありますよね。

焼き芋などの場合にはじっくりと焼いてあげるのが美味しくなるコツですが、自宅ではなかなか出来ることではありません。

この記事では、自宅で簡単に出来る電子レンジを使ったさつまいもの美味しいふかし方をご紹介していきたいと思います^^

スポンサーリンク

さつまいものレンジ時間とラップ使いで美味しさ決まる!

電子レンジを使ってさつまいもをふかすときの注意点をみてきましょう。

当たり前のことですが、さつまいもをそのままレンジで温めると表面がパサついて美味しく仕上がりません。

ですが、ひと手間かけることでしっとりとした美味しいふかし芋が出来ますよ^^

さつまいもをレンジで柔らかくしっとり仕上げる方法

① さつまいもを綺麗に洗い、濡らしたキッチンペーパーで包む

※濡らしたキッチンペーパーで包むことで水分が蒸発するのを防ぎます。

② ラップをふんわりとかける

※きゅっときつくかけるのでなく、ふんわりとかけるのがポイントです。

③ 電子レンジに入れ、500wで6分ほど加熱する

※200wの場合は12分ほどがGOOD!

④ 加熱し終わったら電子レンジから取り出し、4~5分そのまま放置する

※余熱で中までほっくりと仕上げるポイントです^^

さつまいもは、低温で時間をかけて蒸してあげるとより甘味が引き立ちますよ。

スポンサーリンク

さつまいもの気になるカロリー・糖質はどのくらい?

さつまいもはどれくらいのカロリーがあるのかな?

時期になるとよく食べる食品なので気になりますよね。

そちらもチェックしていきましょう^^

さつまいものカロリーは100gあたり“132cal“と言われています。

そういわれても数字だけではなかなかわからないと思うので他の食材と比較してみました。

  • さつまいも:132㎉
  • カボチャ:91㎉
  • じゃがいも:76㎉
  • 長いも:65㎉
  • 里芋:58㎉

上記を見てわかるように、さつまいもは他の食材に比べてもカロリーが高いことがわかります。

では次に、糖質量を見てみましょう。

さつまいも100gあたり糖質量は“35.5g”だと言われています。

しかしさつまいもには、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれておりバランスのとれた食材だということが分かります。

また、そのほかにもカリウムが多く含まれているのが特徴で子どもに必要な栄養素が一度でとれるのが嬉しいポイントです♪

さらに、さつまいもには食物繊維が多く含まれているので、便秘気味なママにも嬉しいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? 秋になるとさつまいもの美味しい時期がやってきます。

今年の秋は、家族みんなでさつまいもを食べて健康になりましょう♪

ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です