ブッシュドノエルの中身は何?どんな意味があるの?

クリスマスケーキとして人気のブッシュドノエルですが、
その中身ってどうなっているのか、
どんな意味を持つのか知っていますか?

薪の形をしているのも不思議ですよね。

今回は知っているようで実はよく知られていない、
ブッシュドノエルの秘密を解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

そうだったのか!ブッシュドノエルの意味と歴史

ブッシュドノエルはもともとフランスのお菓子で、
正しい発音は『ビッシュドノエル』なんですよ。

ビッシュ』はフランス語で薪、
ノエル』はクリスマスという意味なので、
クリスマスの薪』という名前のケーキだったんです。

なぜクリスマスケーキが薪や切り株の形をしているかというと、
キリストが誕生した時、寒くないように暖炉で夜通し薪を燃やした、
という話が元になったなど、諸説あるんですよ。

また、貧しい青年が恋人のために、
せめてものクリスマスプレゼントとして、
薪を一束贈ったという、なんともロマンチックな説もあります。

いずれにしても、
クリスマスと薪が深く結びついて生まれたケーキなんですね。

さて、気になるブッシュドノエルの中身ですが、
実はロールケーキだったんですよ。

ロールケーキの周りにクリームを塗って、
フォークなどで木のようなでこぼことした模様をつけて、
クリスマスのデコレーションをあしらったものなんです。

一見、作るのが難しそうに見えるけれど、
実はロールケーキがあれば、家庭でもブッシュドノエルが作れますよ!

スポンサーリンク

ブッシュドノエルを市販のロールケーキで作ってみよう!

ブッシュドノエルを家庭で作るには、
市販のロールケーキを用意しましょう。

スーパーやコンビニでも、最近は手軽にロールケーキが購入できますね。

あとは、ロールケーキにクリームを塗ったり、
フルーツなどを飾ってデコレーションしていきます。

クリームはホワイトでもチョコでも抹茶でも、
お好きなものを使ってくださいね。

パレットナイフやスプーンなどで、
ロールケーキにクリームを塗っていきます。

後で模様をつけたりするので、
キレイにクリームが塗れなくても全然OKですよ。

クリームを塗ったら、フォークなどで表面に線を描き、
樹皮っぽくなるようにしていきます。

後はイチゴやラズベリーアラザン、粉糖、
トナカイやヒイラギの飾りなど、
クリスマスらしくなるように、
デコレーションをしていきましょう。

マカロンやクッキー、
マロングラッセ
をトッピングするのもおすすめ。

そうすれば、簡単にオリジナルのブッシュドノエルの完成です。

参考レシピのURLを貼っておくので、
ぜひチェックしてみてください!
Cpicon 超簡単!スプーンだけでブッシュドノエル❤ by fuminko☆

ちなみに、より丸太っぽさを出すのなら、
ロールケーキの端を少しだけ斜めに切り落としましょう。

切り落とした部分をロールケーキの上にのせ、
クリームで全体を覆ってしまえば、
より切り株感が出てブッシュドノエルらしさがアップ!

参考レシピはこちら
Cpicon 市販のロールケーキで簡単ブッシュドノエル by TOMOtwa

ぜひお子さんと一緒に、ブッシュドノエルを作ってみましょう icon-heart-o

スポンサーリンク

まとめ

ブッシュドノエルはロールケーキをクリームなどでデコレーションした、
フランスのクリスマスケーキです。

キリストの誕生時に、薪を暖炉で絶やさずに焚き続けたことからなど、
色々な由来や歴史があるケーキだったんですね。

でも、その中身はロールケーキなので、
市販のものでも、クリームを塗ってデコレーションすれば、
簡単に家庭でも作れるんですよ。

クリスマスのおすすめ関連記事

  イギリスの伝統的なクリスマスケーキ「クリスマスプディング」とは?

  シュトーレンにカビが生えた!?カビに見えるその正体とは…

  2018クリスマスケーキ|2人用にちょうどいいおすすめ5選

  2人用ケーキは何号?ちょうどいいサイズと保存方法

  盛り上がり度100%!クリスマスのプレゼント交換3つのやり方

スポンサーリンク