義理チョコはいらない派が多数?男性の本音は?

バレンタインデーには職場の男性社員へ義理チョコを配る、
という女性も少なくありません。

女性からしたら、男性はやっぱり義理でも、
バレンタインにチョコがもらえて嬉しんじゃないか、
と考えるんですよね。

ところが実際は、義理チョコ文化をうっとうしく感じる男性も、
結構多かったんです。

そこで今回は、義理チョコはなくても良いのか、
男性は義理チョコをいらないと思っているのか紹介します。

スポンサーリンク

義理チョコ文化は日本独自?いらない派の割合

義理チョコというか、そもそも女性が男性にチョコを渡す、
という風習自体が、日本独自のものなんですよ。

確かに、日頃お世話になっているから、
その感謝も込めて、職場の男性たちにチョコを配る、
という文化が定着していますよね。

でも意外と、この文化は男女問わず、
すごく煩わしく感じる人も少なくありません。

とあるバレンタインデーの義理チョコに関するアンケートでは、
『義理チョコはいらない』
『職場で義理チョコを配るのはやめてほしい』という、
男性が、全体のなんと9割もいたんです!

でもよーく考えると、義理チョコを用意する側も大変ですよね。

職場の男性の人数が多ければ、
それだけチョコを用意しなければいけません。

そのため、OLさんなど義理チョコを用意する女性陣も、
義理チョコ文化をうっとうしく感じる人が…。

ちなみに筆者も義理チョコ文化はない方がいい、
と思っています。

配る方も渋々で受け取る方も渋々、
という文化なら、いっそのことキッパリやめたほうが、
節約にもなるし煩わしさもなくなると思うんですよね。

スポンサーリンク

義理チョコに対する男性の本音

男性が義理チョコ文化で最も困るのは、
お返しを用意しないといけないということ。

義理で配られたものなのに、
ホワイトデーにはお返しをするというのが、
男性にとってものすごく面倒なんですよね。

しかも何をあげたら良いか分からないし、
お返しはもらったチョコの3倍返しが相場、
というのが一般的なので、出費もかさんでしまいます。

また、男性の中には甘いものが苦手な人もいるし、
義理チョコを家に持ち帰って、奥さんや彼女が
喜んで食べてくれるならまだしも、

やきもちを焼かれて怒られる、
という男性も中にはいるみたいですね。

そして、手作りした義理チョコを配る女性もいるかもしれませんが、
他人の手作りが苦手な男性もいます。

義理でも嬉しい!という男性もいますが
もらって嬉しくない男性がほとんど・・・
というのが現状のようですね。

まとめ

義理チョコはいらない、という男性がほとんど!

甘いものが苦手だったり、お返しを用意するのが面倒、
パートナーに嫉妬される、手作りチョコは食べられないなど、
様々な理由で、男性は義理チョコ文化に嫌気がさしている様子。

義理チョコを用意する側の女性としても、
毎年人数分のチョコを買って贈るのって、
すごく大変ですよね。

それなら思い切って義理チョコ文化を止めてみる!
というのも有りかもしれません。

おすすめ関連記事

  友チョコは市販品の詰め合わせが安い!可愛い!

  自分チョコ(マイチョコ)2019年人気なのは?おすすめ3選

  バレンタインデーにファミチョコを贈る意味・おすすめ3選

  逆チョコもらったらどうする?本命じゃない場合の対処法

スポンサーリンク