【8月13日】なぜ左利きの日があるの?お盆のある日本では?

日本でも世界でも「左利きの日」があることをご存じでしょうか。

これはイギリスで誕生した左利きの生活環境向上に向けた記念日で、毎年8月13日が「国際左利きデー」、日本ではお盆のためイベントがやりにくいという理由で毎年2月10日が「左利きの日」となっています。

なぜ左利きの日があるのか?

私も含め左利きの方ならわかると思いますが、世の中の生活用品は右利き用に作られているものが多く使いづらさを感じたり、街中には左利きの天敵ともいえるものがあふれていますよね。

この「左利きの日」は、右利き用だけでない誰もが安全に使える道具を各種メーカーに対して呼びかけることを目的に提唱・制定されたそうです。

世界各地で左利きに関するイベントが開催され、その内容は主に各メーカーから発売される右利き社会に対する抗議のような活動が多いんだとか。

私は左利きで日々不便を感じてもしょうがないとあきらめていましたが、こういう記念日があると知り、左利きの人にも安心して使える商品の開発を訴える日があったのかと驚きました。

さらにこういった運動のほかにも、左利きをユニークな個性として受け止めて自分たちを祝うことも行われるということで、そういったコミュニティに参加してみるのも面白いなと感じました。

日本の「左利きの日」は2月10日

世界では毎年8月13日が「国際左利きデー」ですが、日本ではお盆時期のため記念活動等が困難という理由から2月10日も「左利きの日」としているようです。

なぜ2月10日かというと、英語で「左」を意味する「レフト」=「レ(0)フ(2)ト(10)」の語呂合わせで2月10日を「左利きの日」あるいは「左利きグッズの日」としているんだとか。

たしかに8月13日はお盆時期まっただ中で、イベントなどはやりづらいですよね。

ただ、先ほど書いたように左利きの自分たちを祝うことはできるので、2月10日だけではなく8月13日もお祝いするというのも左利きさんにとっては楽しみになるのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

左利き 専門店 iphone6 ケース iphone7ケース GALAXY s6…
価格:4979円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です