クリスマスカードを渡す時期と2つの渡し方

友達にクリスマスカードを渡すのって、
いつぐらいがいいんでしょうか?

やっぱりクリスマス当日に届くようにするもの?

それともクリスマスイブでもOK?

今回はクリスマスカードを渡すベストな時期と、
郵送と手渡しの正しいマナーを紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスカードの渡し方【郵送編】

実はクリスマスカードって、年賀状と違って、
クリスマス当日に渡すよりも、
もっと早めに届けるのがベストなんです。

具体的には、郵送でしたら11月30日~12月10日頃に投函しましょう。

だいたい12月に入れば、世間はクリスマスシーズンに入って、
イルミネーションも始まるし、
ツリーなどの飾り付けをしている店舗も多くなりますよね。

クリスマスカードも、クリスマス当日までに送ることで、
受け取った相手が、カードをクリスマスの飾りの一つとして、
お部屋に置くことが出来るんですよ!

ということで、クリスマスカードは、
世の中もクリスマスムードになってきた時期に、
送り先に届いているのが一番なんですね!

クリスマスカード自体は、11月に入った段階で、
品揃えがかなり多くなりますので、
早めに選んで購入しておいても良いと思います。

スポンサーリンク

クリスマスカードの渡し方【手渡し編】

クリスマスカードを手渡しする場合も、
12月に入り街がクリスマスの賑わいを見せてきた頃が良いですね。

12月って何かと忙しくなるので、
もしお友達と会える機会があったなら、
ちょっと早い11月下旬~12月上旬の頃でも、
もうカードを渡してしまって良いと思います。

でももし、クリスマス当日に、
一緒にパーティーをする約束をしているなら、
その時渡しても良いんじゃないでしょうか?

プレゼントに添えて渡すのもすごく素敵だと思いますよ!

クリスマスカードを贈りたい相手が喪中の場合

ちなみに、もしカードを贈りたい相手が喪中だった場合、
クリスマスカードは季節の挨拶だし、宗教上の違いもあるので、
本来でしたら渡しても問題ありません。

でも、相手の身内にご不幸があって間もない頃などは、
何かとバタバタしていて取り込み中だと思うので、
その場合はクリスマスカードであっても、
なるべく贈るのを控えた方が良いですよ。

ご不幸があってから、せめて四十九日を過ぎるまでは、
そっとしておいた方が良いですね。

それに、クリスマスカードが送られてきたからちゃんと返信しなきゃ、
と思ってしまう人もいるでしょう。

ご心痛の友達に気を遣わせないためにも、
ご不幸があってから間もない頃は、
クリスマスカードは送らないのが無難です。

スポンサーリンク

まとめ

クリスマスカードはクリスマス当日までに渡せれば問題ありません。

でもなるべく12月上旬など、
世間がクリスマスムードになった時に贈るのがおすすめですよ。

手渡しの場合も、当日までに渡せるようにしましょう。

当日に友達と会うのなら、
プレゼントに添えておくのも良いと思いますよ。

また、相手が喪中の場合は、
基本的にクリスマスカードなら贈っても構いませんが、
ご不幸があって間もない頃は、何かと取り込んでいるため、
カードを渡すのは控えた方がよさそうです。

クリスマスのおすすめ関連記事

  【あさイチ】クリスマス飾りを身近なもので手作り!靴下雪だるまやお花のケーキ

  【あさイチ】簡単かわいい飛び出すクリスマスカード!100円ショップや身近な材料で♪

  盛り上がり度100%!クリスマスのプレゼント交換3つのやり方

  【あさイチ】冬をカラフルに彩るカランコエ!癒やしの多肉植物でハッピーに!

  あさイチ|冬限定「霜活」とは?スマホでの撮り方・霜がよく観測できる気象条件

スポンサーリンク