ギバサ超えと大注目の「ジバサ」の正体とは?まったくの別物?

栄養たっぷりのスーパーフードとして、
秋田のスーパーフード「ギバサ」が注目されていますが、
ジバサ』という海藻も存在するんですよね。

名前がすっごく似ているから、
同じもののような気がしますが果たして真相は?

今回はギバサとジバサの違いを解説していきます。

スポンサーリンク

ギバサとジバサの違いを解説

実はギバサもジバサも、同じホンダワラ科の海藻なんですよ。

ただ、ギバサというのは漢字では『銀馬草』と書き、
収穫できるのは夏頃なんです。

また、ギバサは正式名称をアカモクというんですが、
秋田県を中心にギバサと呼ばれているんですよ。

一方ジバサは漢字では『神馬草』と書き、
1~3月の冬の間だけしか採ることができないし、
ギバサに比べて収穫量がとっても少ないんです。

そのため、秋田県内でも販売されているのは、
男鹿市くらいなんですよね。

しかもジバサは金額も割と高値で取引されているくらい、
とっても貴重な海藻なんですよ。

  秋田のスーパーフードぎばさ(アカモク)の驚くべき栄養効果とは?

ジバサってギバサによく似た名前だから、
てっきり同じものかと思っていましたが、
収穫時期も価値も希少性も全然違うものでした。

でも貴重な分、ジバサはギバサを超えるほど美味しいんだとか!

ただし、ジバサは調理の仕方によって、
美味しさが半減する場合もある、といわれています。

そのくらい扱いが難しいんでしょうね…。

ちゃんと調理すれば、ヌルネバの強いとろみと、
芳醇な潮の風味がして、とっても美味しく食べられますよ!

 

ジバサは通販で買える?

ものすごく残念なことに、ジバサは現在、
通販で購入することが出来ないんです。

筆者が調べた限り、以前はジバサを取り扱っていたサイトでも、
現在は品切れになっているし、もともと収穫量が少ないので、
地元でもなかなか食べられない食材なんですよね。

まさに幻の海藻といったところでしょうか?

もちろん旬の時期である1月~3月頃になれば、
また通販サイトで売り出すかも知れませんが、
常に買えるものではありません。

それに、先ほども少しお話したように、
ジバサは調理の仕方によって、
美味しさが全然変わってきてしまうんですよ。

そのため、美味しいジバサを食べたいのでしたら、
ぜひ産地である秋田県男鹿市に行ってみるのが良いですね!

旬の時期に現地へ行けば、採れたてのジバサが買えるし、
飲食店でも美味しく調理されたものが頂けるでしょう。

ギバサとすごく似た名前だけれど、
とっても貴重で美味しい海藻、それがジバサだったのでした。

スポンサーリンク

まとめ

ギバサはアカモクという海藻の秋田県での呼び名で、
夏頃に旬の時期を迎えます。

そしてジバサはギバサと同じホンダワラ科の海藻ですが、
冬にしか採れず、また収穫量も多くないため、
高値で販売される貴重な海藻だったんですよ。

ジバサはネット通販でも売り切れになっているくらいで、
秋田県内でも男鹿市のみでしか食べられません。

でも、希少価値も高いほどなので、
粘りが強く、潮の香りが豊かでとっても美味しいと評判!

1月~3月頃に秋田県男鹿市に行くことがあれば、
ぜひ食べてみてくださいね!

おすすめ関連記事

  秋田のスーパーフードぎばさ(アカモク)の驚くべき栄養効果とは?

  海藻ぎばさの人気レシピ3選|美味しい食べ方を大公開♪

  ぎばさ(アカモク)のダイエット効果3つのポイント

  ぎばさ売り切れ続出!?紹介される度に店頭・ネット通販から消える…

スポンサーリンク