ぎばさ売り切れ続出!?紹介される度に店頭・ネット通販から消える…

今話題の秋田のスーパーフード「きばさ」は、
テレビで取り上げられたこともあってか、
店頭やネット通販で売り切れ続出!

一体なぜそんなに人気なんでしょうか?

今回は話題沸騰のスーパーフードぎばさの魅力と、
ぎばさが食べたくても買えない時は
どうしたらよいかをご紹介します!

スポンサーリンク

テレビで紹介される度に売り切れる「ぎばさ」の魅力とは?

ぎばさ」は秋田県名産のアカモクという海藻のことです。

でもこのぎばさ、ただの海藻ではありません。

なんと食物繊維やビタミン、ミネラルをはじめ、
色々な栄養素をたくさん含んだスーパーフードなんですよ!

でもそれだけだと、売れ切れ続出するまでに至りませんよね。

実は「ぎばさ」には、ダイエット効果が期待されるんですよ。

まず食物繊維が豊富なため、お通じも良くなり、
老廃物を排出しやすくなるなど、デトックス効果を得られます。

そして何より、ぎばさに含まれるフコキサンチンという成分は、
脂肪燃焼効果を持っているんですよ!

しかもこのフコキサンチン、シミやシワなど、
お肌の老化現象を抑える働きもあるので、
まさに美容と健康にとっても役立つ食材だったんです。

  ぎばさ(アカモク)のダイエット効果3つのポイント

海藻なだけあってカロリーはゼロだし、
強いネバネバ食感がとっても美味しいと大評判!

酢の物にしたり納豆などと一緒に食べるもよし、
天ぷらにしたり卵焼きや麺類の具材にしても美味しいので、
今現在、日本で最も売れている海藻と言っても過言でないくらい、
すっごく売れているんですよ。

  海藻ぎばさの人気レシピ3選|美味しい食べ方を大公開♪

確かに、こんなにも栄養満点で脂肪は燃焼できるし、
しかも肌にもよく、味もとっても美味しいなら、
売れないわけがありません。

健康志向の方々がストック用にと
たくさん買っているかもしれませんね。

でも、それを聞いてしまうと、
ぜひとも食べてみたくなりませんか?

ただ、秋田県のアンテナショップはもちろん、
ネット通販からもどんどん売り切れしつつある、
ということは、今はもう入手困難なんでしょうか…?

 

ぎばさ品切れ解消されるまでは他県の「アカモク」で代用

秋田県名産のぎばさは確かに売り切れ続出中ですが、
実はぎばさって、正式名称はアカモクという海藻であり、
収穫できるのは秋田県だけではないんですよ。

アカモクは他の都道府県でも収穫できる場所があるので、
秋田県のぎばさが売り切れ中はぜひ、
他県で採れるものを食べると良いでしょう。

例えば、

  • 山形県では『ギンバソウ』
  • 新潟県では『ナガモ』
  • 千葉県では『ナガモク』
  • 京都府では『ギンバ』

という別称でアカモクが販売されています。

産地や呼び名が違っても、
いずれもアカモクという海藻には変わりないので、
摂取したことによる効果や効能も同じですよ!

もし『ぎばさ』という商品名のアカモクが売り切れ中の場合は
他県のアカモクを購入しておきましょう!

そうすれば健康と美容にとってもよく効く栄養を摂取できますね。

 

まとめ

きばさは栄養価が高いだけでなく、
脂肪燃焼や腸内環境を改善させるなど、
ダイエットによく効く食材で、
しかも美肌効果もバッチリ!

そのためこんなにも売り切れ続出しているんですね。

でも、きばさはもともとアカモクという海藻であり、
秋田県以外でも収穫できるので、
今のうちにぜひ他県のアカモクをゲットしておきましょう!

おすすめ関連記事

  秋田のスーパーフードぎばさ(アカモク)の驚くべき栄養効果とは?

  海藻ぎばさの人気レシピ3選|美味しい食べ方を大公開♪

  ギバサ超えと大注目の「ジバサ」の正体とは?まったくの別物?

  ぎばさ(アカモク)のダイエット効果3つのポイント

スポンサーリンク