なぜ東北限定?大反響の「カレーパンサンド」を食べてみた!

フジパンが東北限定で発売した「カレーパンサンド」ですが、その不思議なルックスにネット上でも大反響!

台湾の「揚げパンサンド」をヒントに開発されたそうで、フジパンの「金城軒カリーパン」を食パンで挟んだ商品です。

販売地域は、青森・岩手・秋田・福島・宮城・山形の東北6県限定で4月1日から発売スタート。

スーパーマーケットなど量販店で販売されており、コンビニは東北地区のミニストップには入荷しているようです。

スポンサーリンク

 

なぜ東北限定?フジパン「カレーパンサンド」

商品開発担当者によると、東北エリアの担当部署が発案したため、試験的に東北エリア限定で発売したそうです。

全国展開の予定はまだ決まっていないそうですが、反響次第では検討するかもしれないとのこと。

新商品がここまでネット上で反響を呼ぶのは異例だということなので、全国展開も期待できそうですね!

 

「カレーパンサンド」の購入場所・値段

  • 発売時期:2018年4月1日
  • 販売地域:東北6県(青森・岩手・秋田・福島・宮城・山形)
  • 販売場所:東北地区のスーパーマーケットなど量販店、コンビニは東北地区のミニストップ
  • 購入場所:岩手県盛岡市BigHouse上盛岡店
  • 購入時の値段:税抜き85円(参考価格は税込108円)

 

「カレーパンサンド」のカロリー

ちょっとカロリーがお高そうな印象ですが、342kcalと他のお惣菜パンとあまり変わらない感じです。

 

「カレーパンサンド」のパッケージ

レトロな書体で書かれた「カレーパンサンド」の文字で、ちょっと懐かしい感じのパッケージ。

食べて満足!!食パンにカレーパンをはさんじゃいました。うーん、気になる!笑

スポンサーリンク

 

「カレーパンサンド」を食べてみた感想

開封すると、ふわっとカレーパンの美味しそうな香りが!パン屋さんで売られているカレーパンのように、カレーパン特有の香りが漂ってきて期待感が高まります。

上から見るとこんな感じ。一見、カツサンドのようにも見えますが、お肉のように見えるところはパン生地。

パンの比率が高いので「どうなんだろう…」とまだ半信半疑・・・。

ペロンとはがしてみました。黄色っぽく見えるところは、パッケージにも書いている「マスタード入りマヨネーズ」。

パッケージについているイラストのほうがカレー多めですね!これはしょうがないか。

一口かじると、思ったよりもふんわりと柔らかい食感

カレーパンって種類によっては表面のパン粉がザクザクした食感ですけど、これはしっとりと柔らかいです。

野菜の甘みが生かされたコクのあるカレーの味わいはどこか懐かしい感じ。

パンの分量が多いので味が物足りないのかな?と思ったら、マスタード入りマヨネーズがいい仕事をしていてなかなか美味しいです。

私はカレーパンの油っこさがあまり得意ではないのですが、シンプルな食パンでサンドされている分、普通のカレーパンよりもあっさり食べられる感じ。

辛みもマイルドで食感が柔らかいので、お年寄りやお子様でも安心な印象です。

「口や手が汚れない」のも女性には嬉しいポイント!

カレーパンって口周りに油がつきやすかったり、手を汚したくないので直接触れなかったりしますが、食パンでサンドされていることで口周りも汚れる心配もなく、素手でさくっと食べられます。

これは忙しい日のランチなんかにぴったりですね。これなら仕事しながら片手で食べられちゃいます。

2つに切ってみました。

これ、お弁当に入れてあげると手作りサンドイッチっぽく見えませんか?笑

カレー好きのお子様や旦那様のお弁当に入れてあげたら喜ばれるかも?手抜きしたい方はぜひやってみてください icon-heart

スポンサーリンク

 

まとめ

東北在住で良かったぁ~という小さな幸せを感じた「カレーパンサンド」でした。

私が食べてみて良かったポイントをまとめると、

  • 封を開けたとき、カレーパンのいい香りが際立ち食欲をそそる
  • マスタード入りマヨネーズがカレーパンと食パンをうまくまとめている
  • 口や手を汚さずに食べることができる

女性やお子さんだったらこれ一つでランチOKな感じの食べ応え感でした icon-music

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です