【出産祝い】がんばったママへ贈りたい!実際に喜ばれた人気ベスト5

無事に出産を終え、出産祝いを頂く機会も多いと思います。

頂き物の中でも正直必要ないものや、もらって嬉しいものってありますよね。

この記事では先輩ママたちが出産祝いにもらって嬉しかったものをランキング形式でご紹介していきます♪

贈る側のマナーも合わせて参考にしてください。

スポンサーリンク

出産祝いでママが嬉しいプレゼントはお花?食べ物?人気ベスト5

1位:80cmのベビー服

おでかけにも着ていけるような“ベビー服”が一番人気でした。

どのサイズにするか迷いますが、成長の早い赤ちゃんでも着られるような70~80cmを選ぶのがおすすめです。

とくにブランドの子供服は自分ではなかなか買えないため、もらえると嬉しい!という先輩ママの声が多くありました。

 

2位:現金・商品券

ミルクにオムツに・・・と、赤ちゃん用品は出費がかさむためやはり“現金・商品券”は好評です。

必要に応じて自分で使い道を決められるのでママも助かります。

最近は様々なデザインのご祝儀袋も出ているので、自分らしいこだわりのものを選んで贈るようにしましょう。

急なお祝いでもすぐに用意できるため、贈る側としても魅力的なプレゼントですね。

 

3位:スタイ(よだれかけ)

よだれの多い子だと1日何回も取り替える“スタイ”は、何枚あっても困りません。

デザインが豊富なことから他の人とかぶりにくく、名入れできるものもあり、贈る側としても選びやすいアイテムですね。

首元のサイズを調整できるものが長く使えるためおすすめです。

 

4位:おくるみ

赤ちゃんをくるんだり掛け布団がわりにしたりと、1枚あると何かと便利な“おくるみ”も人気が集まっています。

お家で簡単に洗えるタイプを選ぶと清潔を保てるので喜ばれますよ。

サイズが関係ないため、子供が大きくなっても使えるものは嬉しいですよね。

 

5位:ベビー向けのスキンケア

“ベビー向けのスキンケア用品”は消耗品でもあるため不動の人気です。

普段はプチプラを選びがちなため、いつもより少し高品質なアイテムがもらえると喜ばれます。

ギフトセットを選べば、見た目も華やかでおすすめですよ。

スポンサーリンク

出産祝いで気をつけたいマナーとタブーとは?

出産祝いの贈り物は、「母子ともに健康状態が良いかどうか」を聞いてから準備するようにします。

万が一死産などの場合に相手の悲しみを深くしてしまうため、事前に確認することが必要になってきます。

日にちとしては「生後7日~1か月」までに出産祝いを贈るのが一般的です。

また授かり婚の場合でも、結婚祝い・入籍祝いと出産祝いはそれぞれ分けてプレゼントするのが理想的です。

 

出産祝いのプレゼントの相場は?

  • 身内:1~3万円ほど
  • 友人:5000~1万円ほど
  • 同僚:5000~1万円ほど
  • 近所:3000円ほど

・・・といわれています。

あまり高額でもお返しに困ってしまうので常識の範囲内に収めましょう。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか? 出産祝いはマナーやタブーを理解して気持ちよくプレゼントを渡してくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です