妊婦の肌の悩み、放置しないで!かゆい・ガサガサ肌の対策法

妊娠中は身体に様々な変化が起こります。

その中でも肌のかゆみに頭を悩ませる方も少なくないと思います。

身体的なストレスは、ご存知の通りお腹の赤ちゃんにも良くありません。

原因と予防法をきちんと理解して快適な妊婦ライフを過ごしましょう!

スポンサーリンク

妊婦の肌のかゆみの原因とガサガサになってしまう理由

1)ホルモンバランスが崩れる

妊娠中はホルモンバランスが一気に崩れることが特徴です。

これは妊娠した女性であれば自然なことで、避けることは出来ません。

妊娠すると黄体ホルモンという物質の分泌が増加するのですが、これによってかゆみが発生すると言われています。

2)代謝が上がる

妊娠すると普段よりも体温が上がり、代謝が良くなります。

個人差はありますが、妊娠前と比べて妊娠中は5%~15%基礎代謝が上がるそうです。

そのため、汗や皮脂の分泌が増えて毛穴がつまりやすくなると言われています。

毛穴から細菌が繁殖して、ニキビやあせもになりかゆみが出ることも多くあります。

3)肌が乾燥する

妊娠すると肌質が急に変わり乾燥肌になった、という声も多く聞かれます。

かゆいからと言って、ゴシゴシ洗うのは逆効果になります。

丁寧に洗い、必要な皮脂は残してあげてくださいね。

4)肝機能が低下する

ホルモンバランスの変化によって、内臓の機能が低下することがあります。

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、大きくなった子宮が内臓を圧迫するので妊婦さんの身体の機能が低下してしまいます。

5)妊娠線ができる

お腹や胸が急激に大きくなると“肉割れ”が起き、これがいわゆる“妊娠線”になります。

妊娠によりお腹や胸が急激に大きくなるので、皮膚が思うように伸びずミミズ腫れのような赤い線ができてしまいます。

皮膚の繊維が弱くなるので、これが原因でかゆみが出ることもあります。

スポンサーリンク

これで解消!妊婦の肌荒れをやわらげる対策法

肌を保湿する

肌が乾燥するとかゆみが起きるのは、妊娠前も同じだと思います。

保湿剤や乳液を使って手入れをすることは、かゆみを防ぐための基本ですね。

刺激の少ないボディケア用品を使う

妊娠中は肌が敏感になっているので、妊娠前と同じボディケア用品を使うと、かゆみが悪化することもあります。

妊娠中は肌トラブルがつきものですので、刺激の少ないものを選んでくださいね。

汗をかいたら着替える

こちらも基本中の基本です!

汗をかいて汚れたままの服を着ていると、汚れによって炎症が起きることもあります。

また、皮脂がつまることもありますので、きちんと着替えるようにしましょう。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか? 正しい対処法を理解して、マタニティライフを快適に過ごしてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です