子育てにかかるお金の不安…。ベテランママはこうやって乗り切った!

妊娠中にもさまざまな費用がかかりますが、助成金などで工面する方が多いと思います。

しかし出産後には、育児に関する費用がかかってきますよね。

これは誰も負担してくれないため、家計の中からなんとかしなければなりません。

家計が不安なママが多いと思いますが、そんなママのお悩みを少しでも軽くするために、いくつかの節約術も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

子育てのお金はいくらあれば安心?みんなの子育てお金事情

0歳児のときは、ベビー用品やおむつ代がやはり高くつきますよね。

赤ちゃん時代の中では一番お金がかかる一年間だと思います。

1歳からは多少は落ち着きますが、成長にしたがってかかる費用はどんどん増えていきます。

子どもの衣類やおもちゃ代、離乳食やレジャー関係費など毎月平均2万円ほどはかかってくることを覚悟してください。

子供服のブランドにこだわったり、旅行なんかに行ったら家計が火車になるのが目に見えます。

子供服やおもちゃはおさがりなんかがもらえると大切な節約ポイントになると思います。

子供が生まれたら「児童手当」がもらえますので、上手に活用しましょう。

スポンサーリンク

子育てするのに必要なお金。上手に節約すれば怖いものなし?

子育てには何かとお金がかかります。

そのため少しでも節約したい!そんな方に簡単にできる節約術をご紹介します。

① 公共料金をクレジットカードで支払う

電気・ガス・水道や健康保険などの公共料金は、クレジットカードでの支払いに対応している場合があります。

クレジットカードで支払えばポイントがたまるので、その分を節約することができます。

② 還元率の高いクレジットカードを選ぶ

クレジットカードはそれぞれ還元率が異なります。

クレジットカードでの支払いをする場合には還元率が高いカードを選ぶことをおすすめします。

③ 格安SIMを使う

現在使用している形態の料金に不満を持つ方も少なくないと思います。

そこで近年人気が上がってきているのが“格安SIM”です。

格安SIMを使用したら通信費を月1,000円程度にすることも可能です。

【ソフトバンク回線対応】月々のスマホ代金が【半額】に!
格安SIMを選ぶならリペアSIM!選ばれる理由は→コチラ

④ 生命保険料控除を申請する

生命保険料控除とは、生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料を支払った場合に、年末調整などで所得控除を受けられる制度です。

書き忘れがないようにして、必ず申請しましょう。

⑤ 自動積立定期預金を利用する

貯金が苦手でお金をすぐ下してしまう傾向がある人におすすめです。

⑥ 節水シャワーヘッドを使う

節水シャワーヘッドを使うと水道代とガス代の両方が安くなるといわれています。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか? 生活の中でも節約の術があることがよくわかります。

可愛い我が子のためにも節約をして素敵な家庭を築いてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です