新生児赤ちゃんに添い寝するのはいつからOK?新米ママ必見です!

生まれたばかりの可愛いわが子と一緒に寝たいけどつぶしてしまいそうで怖い・・・と、なかなか添い寝にふみ切れないママも多いのではないでしょうか。

この記事では、赤ちゃんとの添い寝の時期や、方法、注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

添い寝はいつからOK?新生児期に添い寝してもいい?

赤ちゃんと添い寝をするのは早くても生後1ヵ月ころが目安といわれています。

そのため、1ヵ月未満の新生児期に添い寝をすることはあまりおすすめされていません。

もし新生児期に添い寝をしたいのであれば、次にご紹介するように十分注意する必要があります。

 

赤ちゃんに添い寝する危険性と注意点

赤ちゃんと一緒に寝るときには、布団やベッドなどの寝具だけではなく寝るときの体勢や周辺の環境にも十分注意してください。

赤ちゃんが使う掛け布団は、ママと同じものではなく赤ちゃん用の布団を使用するようにしましょう。

大人と同じものは重かったり暑かったりして、熱がこもってしまうことがあります。

また、ママが添い寝や添い乳をするときに、うっかり赤ちゃんの上に乗ってしまう恐れもあります。

なるべく赤ちゃんに覆いかぶさる体勢ではなく、枕などを使って少し距離を取って眠るようにしましょう。

また、地震で家具が倒れてこないように赤ちゃんが寝る周りは物が少ないスペースを選んであげたり、家具を固定したりする工夫も忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

これさえ守れば安心!赤ちゃんの添い寝のやり方

布団で添い寝をする方法

赤ちゃんが寝るのは一番端にします。

家族全員で一つの部屋に寝る場合には、一番端に赤ちゃんを寝かせてその横でママが寝るようにしましょう。

家族の間に寝かせると赤ちゃんの上に乗りかかってしまうことがあるので、ママが壁になって守ってあげてくださいね。

赤ちゃんが成長するまでは、パパは別の布団で寝るか、少し離れたところに寝てもらう工夫も必要かもしれません。

寝返りをするようになったら、赤ちゃんは寝ながら大きく動くようになります。

それも真横だけに移動するとは限らず、上下方向に動くことももちろんあります。

近くにおもちゃやぬいぐるみを置いておくと、誤飲や窒息の原因になるのできちんと片づけましょう。

  赤ちゃんと添い寝するには布団?ベッド?添い寝グッズおすすめ4選

ベッドで添い寝をする方法

赤ちゃんは壁側に寝かせてください。

赤ちゃんが転落しないように、ベッドを壁につけて壁際で寝かせると安心です。

大人と同じベッドで添い寝するときは、低反発などの柔らかいマットレスは使わずにしっかりとした硬めのものを使いましょう。

柔らかいと赤ちゃんの顔や体が埋もれてしまい窒息してしまうこともあります。

ベビーベッドを使用する場合には、大人用のベッドの高さと同じにすると添い寝がしやすくなります。

隙間に赤ちゃんが落ちないように2つのベッドをきちんと固定してくださいね。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか?

疲れたときは眠いのを我慢せず上手に添い寝して、疲れをためないようにしましょうね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です