面倒な「衣替え」も収納のコツがわかれば意外に簡単!

季節が変わるたびやってくる“衣替え”

家族の人数が多ければ多いほど面倒だと感じますよね。

この記事では、衣替えの基本から収納の豆知識までご紹介します!

次のシーズンの参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

衣替え時期の「収納方法」お悩み解決!

1) 不要な服は処分

衣替えは、着なくなった服を処分するのにはもってこいのイベントです。

2シーズンほど来ていない服や、サイズアウトした服、伸びて着られない服などは思い切って処分する勇気が必要です。

衣替えを始める前に、服の処分をするだけでグッと楽になりますよ。

不要な服を捨てるのはもったいない!そう考える方も多いと思います。

そんな方にはリサイクルショップをおすすめします。

不要な服を買い取ってくれるので思わぬお小遣いになることも^^

2) 季節ごとに服のチーム分け

まず衣替えをするときに、季節によって服をきちんと分けるようにしてください。

そうすることで、毎年の衣替えが簡単になります。

冬服と夏服がごちゃ混ぜになっていると着たい服を探すのも大変ですよね。

収納する場所を変えたり、箱を変えるなどの一工夫で結構ですよ。

3) 場所決め

次に、チーム分けした服をどこに収納するかがポイントです。

クローゼットの空いている場所に収納したり、しばらく着ない服は下に重ねたり、置く場所の寸法を測って箱を新調すると気分も上がりますね♪

4) ラベル貼り

せっかく収納をするなら、どこに何が入っているかを明確にした方が取り出しやすいです。

おすすめなのは、収納箱に直接ラベルを貼ってしまうこと!

“冬物セーター”などと書いておけば分かりやすいです。

スポンサーリンク

衣替えの収納はコツさえつかめば苦にならない?

次に収納する際のちょっとしたコツをご紹介します。

<たたみ方>

  • 収納する服のたたみ上がりを、ケースのサイズに合わせます。
  • シャツなどは袖を内側に織り込みましょう。
  • ジーンズやスカートは四角形になるようにたたみます。
    ※ジャケットやコートをたたむ際には、折り目にタオルをはさむとシワがつきにくくなります。

<しまい方>

  • シャツやニットなどは引き出し式のケースに立てるようにしまうと探しやすいです。
  • サイズに合わせて隙間のないようにきっちりと詰め込むようにしてください。
  • セーターなどの厚手のものは、丸めて収納すると幅もとらずに綺麗に収納出来ます。
    ※シーズンオフのものを収納するときは、ケースを縦にして下から上に重ねていくと重みで沈むので、収納量がアップします。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか? 一度やっておけば少しの工夫で毎年の衣替えがグンと楽になりますね♪

今年は簡単に衣替えを済ませてしまいましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です