なるほど主婦の味方!焼き芋はオーブントースターでおいしくな~れ!

美味しい焼き芋の季節…。この時期になるとホクホクでしっとり甘い焼き芋が恋しくなりますよね♪

小さいころ、集めた落ち葉の焚き火にアルミホイルを巻いたお芋を入れて焼き芋をするのが好きだった方も多いのではないでしょうか。

今回は秋の味覚のひとつである“焼き芋”を、自宅にあるオーブントースターを使って手軽に焼く方法をご紹介します。

スポンサーリンク

甘くておいしい焼き芋、最適なオーブンの時間・温度は?

温度が自由に設定できるオーブントースターは焼き芋を作るのに最適な道具です。

自宅で簡単に焼き芋を作るには、そのままオーブントースターで30〜40分焼くだけでOK!

さまざまな焼き芋レシピで、アルミホイルでくるんで焼くほうが美味しいと言う方も多くいますが、アルミホイルを巻くと逆に熱が回りにくくなるという意見もありました。

そのままオーブントースターに入れるのが一番ラクですし、それで美味しい焼き芋ができるなら万々歳ですね!

ちなみに、我が家のオーブントースター「パナソニックNB-DT50」では、本体に「調理温度・調理時間の目安」が記載されており、
それによると「焼きいも」は直径4~5cmの場合、温度240℃、時間25分、受け皿なしと表示されていました。

ご家庭のオーブントースターによって温度・時間の設定は異なると思いますので、調べてみてくださいね!

「焼きいも」のメニュー項目のないオーブントースターや、温度を設定できないオーブントースターの場合は、片面15分ずつ焼いて、その後は余熱で火を通すと良いそうですよ。

いろいろ試して、ベストな焼き加減の焼き芋を試してみましょう!

焼き芋を焼くならサツマイモが美味しい時期を狙え?

サツマイモは9〜10月に一斉に収穫されたものが1年間流通しますが、収穫したてのサツマイモは味が熟成されていないため、おいしさと甘みが出始める11月ころのサツマイモがおすすめなんだとか!

そのため、焼き芋を作るなら11月ころのサツマイモが甘くて美味しいそうですよ♪

それまで待てない気もしますが・・・その前にも作ってみて味を比較してみるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

焼き芋のカロリー・栄養

焼き芋1本(300グラム)のカロリーは約490kcalだといわれています。ちょっとお高めですね。

その理由はデンプンが多く含まれているため炭水化物と同じような糖の量になるからです。

しかし焼き芋には多くの栄養素が含まれています。

ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、食物繊維など健康の味方の焼き芋!

ビタミンが豊富に含まれているため、美肌効果やニキビに効果があるともいわれています。

食物繊維がたっぷりなので、女性がお困りの腸内環境の改善にもつながりますよ^^

「焼く」という工程のおかげで、さつまいもの栄養がぎゅっと凝縮されるのです。

焼き芋は甘くて美味しいだけじゃない、女性の頼もしい味方ですね♪

スポンサーリンク

さいごに

焚き火をしなくてもオーブントースターで手軽に焼き芋が食べられるなんて、焼きいも好きさんには嬉しいですよね!

実は我が家のオーブントースターに「焼きいも」のメニュー項目があるのに1年以上気がつかないでいました。笑

サツマイモが美味しくなる11月ころ、我が家のおやつは焼き芋の頻度が高くなる予感・・・♪

美味しくてついつい食べ過ぎてしまう焼き芋ですが、栄養もたっぷりなので適量を上手に摂ってきれいな体を維持しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です