大曲の花火大会2018まとめ|日程・駐車場・観覧席・民泊情報などを紹介

全国の花火師がその技を競う第92回全国花火競技大会「大曲の花火が2018年も開催されます。

音楽と見事にシンクロする1万8000発の花火は「花火の街」大曲が誇る日本一の芸術花火。

年々グレードアップする大注目の大会提供花火「ワイドスターマイン」は、その迫力に毎年多くの観客が魅了されています。

そんな魅力たっぷりの大曲の花火ですが、例年70万人(2017年は76万人)の人出で混雑が予想されるため、交通情報や会場へのアクセス方法、観覧席などは事前チェックが必須!

こちらの記事では、生まれも育ちも大曲である私が、リアルな体験談も交えながらスムーズに大曲の花火が楽しめるようにナビゲートしていきます。

友人・恋人と一緒の方はもちろん、お子様連れや高齢者の方も一緒の場合はトイレ情報や持ち物などの注意点もありますのでぜひチェックしてみてくださいね♪

今年から始まる「民泊」情報は必見です!

スポンサーリンク

Contents

大曲の花火2018年の開催日程・概要

画像元:大曲の花火公式ホームページ

昨年は花火大会前日に大雨により河川が氾濫。桟敷席も浸水し開催が危ぶまれましたが、大会関係者のご尽力のおかげで無事に開催されました。

今年は問題なく開催されるように皆さんで祈りましょう!

  2017年大仙市「大曲の花火」は延期?中止?雄物川上流で河川が氾濫

2018年の開催日程・概要は以下のとおりです。

打上日

2018年8月25日(土)※毎年8月第4土曜日
雨天時:雨天決行、強風・大雨の場合は順延(順延日は協議後決定)

打上時刻

  • 昼の部/17:30~18:15
  • 夜の部/18:50~21:30

打上数

約1万8000発

打上会場

秋田県大仙市(旧大曲市)大曲花火大橋付近雄物川河畔

 

大曲の花火の交通アクセス

電車で来られる方

JR秋田新幹線大曲駅から約2km、徒歩約30分
※臨時列車(増発列車)も運行します。

詳しくはこちらをご覧ください
電車で行く – 大曲の花火ポータルサイト

お車で来られる方

秋田自動車道大曲ICから国道105号を大曲橋方面へ車で約7㎞(約10分)

詳しくはこちらをご覧ください
車で行く・交通規制図 – 大曲の花火ポータルサイト

【おすすめ】マイカーとJRの乗り継ぎ

第91回全国花火競技大会規制図オモテ

大曲の花火当日、大仙市大曲地域内はマイカーで来られる方で毎年大渋滞になるため、大曲の花火ポータルサイトでは、マイカーとJRの乗り継ぎをおすすめしています。

大仙市役所各支所(神岡支所・中仙支所・西仙北支所・刈和野支所)の駐車場を利用し、電車で花火会場に向かう方法です。

たとえば神岡支所に駐車した場合、JR神宮寺駅→大曲駅(運賃片道190円)→徒歩で会場へ

この方法だと帰りの車の渋滞も緩和されるのでおすすめです!

ただし、いずれも無料駐車場のため支所によっては早い時間に満車になる所も。それぞれの支所の詳しい情報は下記を参考にしてください。

各支所の駐車場情報はこちら
車で行く・交通規制図 – 大曲の花火ポータルサイト

各支所の満車情報はこちら(ちょっとデータが古いのであくまでも参考程度で…)
平成26年度(第88回大会)駐車場満車状況

マップで確認!交通規制情報

大仙市大曲地域全域で、花火大会当日は交通が規制されます。

大会当日は車両通行止め指定方向外禁止など通常とは異なる交通規制が行われますのでご注意ください。

交通規制区域内の駐車場を利用する場合、交通規制の影響があります。事前に駐車場管理者に確認しましょう。

昨年(2017年・第91回)の交通規制図・駐車場はこちら。予約可能な有料一般車駐車場一覧表もあります。

今年(2018年・第92回)の最新版は随時更新される予定です。

昨年の交通規制図はこちらでご確認ください
第91回全国花火競技大会規制図オモテ
第91回全国花火競技大会規制図ウラ

交通規制に関する情報は、大曲商工会議所の交通情報サイト「大曲花火アクセスnavi」でも紹介されています。

道路の混雑状況や駐車場情報などが紹介されているので、お車で来られる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

大曲の花火「無料・有料」駐車場

花火会場から最寄りのICは秋田自動車道「大曲IC」です。

そこから国道105号線経由で車で約10分ですが、大曲は前日から車の混雑が始まります。

当日は約70万人もの人が一気に押し寄せるため、前日入りしてキャンプができる駐車場で過ごす人も。

駐車場は約8000台(無料駐車場:約5000台、有料駐車場:約3000台)用意されていますが、事前に予約できる有料駐車場も設置されるので事前に予約しておくことで当日は駐車場を探す心配がなくなり安心です。

昨年(2017年・第91回)のチラシに予約可能な有料一般車駐車場一覧表が載っています。
第91回全国花火競技大会規制図ウラ

無料駐車場

無料の駐車場は人気のため数日前から泊まり込みで確保している方もいます。

当日の朝7時頃にはすべて満車状態になってしまうので、当日来て駐車するのは難しいかもしれません。

昨年の無料・有料駐車場はこちらでご確認ください
第91回全国花火競技大会規制図オモテ

有料駐車場

有料駐車場の相場は1日3000円程度。(2000円~4000円)

大会会場周辺でも民間駐車場が用意されているので、当日のお昼くらいまでに現地入りすれば駐車場は確保しやすいと思います。

実際、私の実家周辺にある会社では毎年社員用の駐車場を花火大会用の駐車場として貸し出していますが、1日2000円です。

こちらの駐車場は花火会場から約2kmで徒歩約30分。ただ、ここ数年は臨時駐車場も増えてきたせいか利用する人は減ってきています。

このように会場から徒歩30分圏内でも空きがある民間駐車場もありますので、駐車場の予約をしていない方で、会場からなるべく近く安い金額で駐車したい方は時間に余裕をもって探しましょう。

地元民や常連さんは会場周辺の駐車場を避ける?

会場周辺の有料駐車場も人気ですが、地元民や常連さんは会場周辺の駐車場は避けて、徒歩で30分~1時間程度の距離にある駐車場に停める人が多いです。

それは、帰りの車の大渋滞を避けるため!

花火大会の終了前から帰りの混雑が始まり、渋滞ピーク時はまったく動かないためかなり後悔する場合が多いからです。

会場までの歩く時間は少ないものの、それ以上に混雑に巻き込まれ車に乗っている時間が長くなるので、子供やお年寄りが一緒だとトイレなんかも大変。

これも花火の思い出だと割り切れる方はいいですが、ここは歩くことを覚悟で、徒歩30分から1時間程度の場所に駐車するか、1駅から2駅ほど離れた駅周辺の駐車場に車を停めて、電車を利用するのがベスト。

先に紹介した、マイカーとJRの乗り継ぎは特におすすめされている方法です。

詳しくはこちらをご覧ください
車で行く・交通規制図 – 大曲の花火ポータルサイト

車で行く場合のポイントをおさらい

  • あらかじめ駐車場を予約しておく
  • 予約なしの場合、駐車場の目星をつけておき早めに現地入りする
  • マイカーとJRの乗り継ぎを検討する

当日、駐車場難民にならないようにスムーズに駐車できるよう準備しておきましょう。

駐車場情報や渋滞情報はラジオ中継もされます。
FMはなび(87.3MHz)

 

大曲の花火大会【有料観覧席(桟敷席)】

大曲の花火大会を座ってゆっくり鑑賞したい方には有料観覧席(桟敷席)がおすすすめです。

有料観覧席の販売は「インターネット」と「直接販売」の2通り。
※電話受付は今大会より廃止

画像元:全国花火競技大会「大曲の花火」公式ホームページ

有料観覧席(桟敷席)インターネット受付

受付期間:平成30年6月8日(金)10時〜6月28日(木)23時
販売方法:インターネット受付による先着順販売(専用ページ)
受付URL
【ローソンチケット】http://l-tike.com/event/oomagari-hanabi/
【イープラス】http://eplus.jp/oomagari-hanabi/

第92回大会より、抽選ではなく「先着順」での販売となります。

有料観覧席(桟敷席)直接販売

販売日時:平成30年7月1日(日)9時ころ抽選⇒販売
販売場所:大曲商工会議所会館(秋田県大仙市大曲通町1番13号)

抽選後、当選者のみ大曲商工会議所会館で販売。
来場者が2000人に満たない場合、抽選は行わず全員当選となります。

有料観覧席(桟敷席)料金

  • A席(定員6名) 23,000円
  • C席(定員5名) 15,000円
  • イス席(定員1名) 3,000円 (価格はすべて税込)
    ※イス席は上流と下流に分かれて配置されます。

詳しくはこちら
全国花火競技大会「大曲の花火」HP 有料観覧席(桟敷席)について

 

大曲の花火大会【有料観覧自由エリア】

画像元:全国花火競技大会「大曲の花火」公式ホームページ 第92回大会の観覧会場イメージ図

画像の緑色の部分が「有料観覧自由エリア」です。

昨年の第91回大会は大雨により足場が悪かったため自由観覧エリアは無料開放されましたが、第92回大会からは有料となります。

環境整備費(トイレの設置、警備員の配置、芝の復旧作業など)として1名1000円(当日徴収)かかります。

一昨年までは無料観覧席として場所取り争奪戦が行われていましたが、今年から有料となるため例年よりも落ち着くかもしれませんが予想はつきません…。

公式ホームページでも、詳細については決まり次第掲載するとのことです。

詳しくはこちらをご覧ください
全国花火競技大会「大曲の花火」公式ホームページ 有料観覧席(桟敷席)について

スポンサーリンク

大曲の花火おすすめ穴場スポット3選

大曲の花火は迷わず会場で鑑賞するのがおすすめですが、小さい子やお年寄りも一緒なので会場まで行くのがむずかしいとか、人混みが苦手・・・など事情があって会場まで行けない場合もありますよね。

そんな方でも大曲の花火がきれいに鑑賞できる穴場スポットをご紹介します!

穴場スポット①姫神公園

花火デートにおすすめの穴場スポットがこちら!高台にあるので普段から大曲を一望できる夜景スポットとして人気の場所です。

姫神公園は太平山登山口にもなっており、バリアフリー対応のトイレもあるので女性や子供、お年寄りが一緒でも安心。

大曲の夏の夜を彩る花火が高台から楽しめるので花火デートにはもってこいの穴場スポットです icon-heart-o

穴場スポット②花火会場後方の農道(興栄建設周辺)

地元民に人気の穴場スポット!花火会場後方のため花火を裏から鑑賞する形になり、少し音が聞こえづらいですが迫力のある花火がきれいに鑑賞できる絶景スポットです。

注意したいのは農道のため虫が多いという点で虫除け対策は必須!肌の露出も控えたほうが良いと思います。

穴場スポット③ヒカリオ駐車場(屋上)

大曲駅から徒歩5分のヒカリオ駐車場の屋上は大曲の花火の新しい穴場スポット!

駐車料金が2時間無料(以降1時間100円)という低価格のため、花火会場へ行くための駐車場として利用する人が多い場所です。

こちらはかなり人気のため争奪戦となりそうなので、狙っている方は当日早めに現地入りすることと、できれば前もって下見をするのもおすすめです!

ただし昨年は18:00~24:00まで車両通行禁止区域となっていましたので、こちらの駐車場に停める場合は規制解除まで車を出せなくなります。

昨年の交通規制図はこちらでご確認ください
第91回全国花火競技大会規制図オモテ

おすすめの穴場を3か所ご紹介しましたが、サンクス大曲西根店駐車場など花火がきれいに鑑賞できる穴場コンビニもあります。

コンビニ付近で鑑賞するメリットは、食料の調達ができてトイレの心配がないところですよね♪

穴場コンビニも激戦区となりそうですが、お店の方の迷惑にならないようマナーをきちんと守って楽しみましょう。

 

大曲の花火の見どころ・2018年プログラム

大曲の花火は全国4位秋田県内1位の人気の高い花火大会。

1万8000発の花火が大曲の夏の夜空を鮮やかに彩ります。

大曲の花火「全国花火競技大会」は今回92回目の開催となりますが、そのはじまりの第1回は1910(明治43)年。

実に100年以上もの歴史をもっている花火大会なのです。

内閣総理大臣賞や経済産業大臣など数々の賞が授与されることから花火師日本一決定戦ともいわれ、全国の花火師たちの目標となっているんだとか!

さらに大曲の花火の見どころといえば、毎年大注目の大会提供花火「ワイドスターマイン」

1年かけて製作するという力作で、幅900mに及ぶワイドスターマインが多くの観客を魅了しました。

スターマインとは「速射連発花火」のこと。 いくつもの花火を組み合わせて短時間に数十?百発の大量の玉を連続的に打ち上げる花火です。
そのスターマインを一定の間隔をとって数ヶ所に並べて設置し、同時に(または端から順番に)打ち上げる花火を「ワイドスターマイン」といいます。

出典:スターマインってどういう意味? 人に話したくなる花火トリビア

スポンサーリンク

大曲の花火大会を楽しむための要チェックポイント!

大曲の花火は昼花火が17時半から始まります。

ただし夕方ころには交通規制も広がり車も渋滞してきますので、昼花火から楽しみたい方は早めの現地入りが必須!他ではなかなか見られない昼花火を鑑賞するのも大曲の花火の醍醐味のひとつです。

花火会場付近や会場内には屋台がたくさん出店していますので、食べ歩きを楽しむのもおすすめ。

当日は大曲のほとんどのスーパーでも花火弁当やおつまみが大量に販売されているので、当日の飲食に困ることはないと思います。

会場内の出店でおすすめなのは、やはり秋田県を代表するB級グルメ「横手やきそば」。甘辛いソースともちもちした麺、目玉焼きとのコラボがたまりませんよ♪

他にも、横手やきそば入りの「よこまき」や、焼き鳥、たこ焼き、お好み焼、牛串焼き、ふりふりポテト、ホルモン焼きなどB級グルメからおつまみまで盛りだくさん!

秋田名物の「ババヘラアイス」は子供からお年寄りまで大人気♪

早く会場入りして時間がある方は、ぜひいろんなお店の食べ歩きを楽しんでくださいね。

それでも時間が余っちゃう!という方は、人気の映画、アニメ、ドラマが見放題の動画サイトがおすすめ!

今なら31日間無料なので、この時期だけ登録しておくと待ち時間や車の渋滞のときも楽しく過ごせます。


花火セミナー

大曲の花火大会当日、会場近くにある大曲技術専門学校と、駅近くにある花火庵で、花火鑑賞士による花火セミナーが開催されます。

大曲の花火の見どころを解説してくれるので、今までとひと味違う視点で鑑賞できること間違いなし!時間がある方はぜひ参加してみてくださいね。

大曲の花火の前夜祭【大曲の花火ウィーク】

毎年、大曲の花火が行われる週は「大曲の花火ウィーク」と題してお祭りが開催されます。

日替わり花火や音楽祭、ご当地グルメなど花火大会前から盛り上がりを見せます。

前日から来られる方はぜひ楽しんでくださいね♪

大曲の花火ウィークの去年の様子はこちら
大曲の花火ウィーク

 

大曲の花火トイレ・服装・持ち物情報

大曲の花火に初めて行く方に気をつけてほしいポイントをまとめました。

大曲の花火大会で困る「トイレ」混雑対策

会場には簡易トイレが1000基以上設置されますが、毎年どこのトイレも混雑し行列ができてしまいます。

特に中央付近のトイレは20~30分待たなければいけないときもあり、せっかくの花火がトイレの行列から鑑賞することに・・・

日が暮れるとライトアップはされるもののトイレの位置が昼間よりは確認しづらくなるため、まずは自分が観覧する場所から近いトイレの場所をよく確認しましょう。

トイレはあちこちに設置されているため、行列の長いトイレもあれば、少しわかりづらい所は空いていたりもします。

できれば昼花火が終わってからトイレを済まし、夜花火はトイレに行かなくてもいいように水分を控えたいところですが、やはり花火を鑑賞しながらの飲食って最高なんですよね。

私はビールやチューハイを飲みながら花火を鑑賞するのが大好きなので毎年葛藤しています…笑

私の場合は大会提供花火は絶対に観覧席で鑑賞したいので、大会提供花火の30分前にトイレに行くようにしています。

桟敷席のトイレは大体は10分くらいで済みますので、30分くらいあれば余裕で戻れます。

ただ、有料観覧席(桟敷席)エリア外のトイレは混雑するため、なるべく余裕を持って行ったほうがよいでしょう。

大曲の花火大会「服装」は寒さ対策必須!

夏の花火大会といえば女性なら浴衣を着たいですよね。

特に花火デートの場合はかわいく決めたいと思いますが、大曲の花火に関しては公式ホームページでも注意喚起しているように浴衣はおすすめしていません。

観覧会場は川に面しており、夜はぐっと気温が下がりとても肌寒くなります。

毎年、浴衣で震えている方を見ると気の毒になってしまうほどです。

日中はもちろん半袖でも大丈夫ですが、夜に寒くなったとき羽織れるものやストールやひざ掛けなどがあると安心。荷物は多くなってしまいますが薄着だと絶対後悔するので寒さ対策は万全にしてくださいね。

また、靴も気をつけたいポイント。

駐車場から会場まで長時間歩く方が多いと思いますが、歩きやすい靴は必須です。

会場は河川敷のため雨が降ると足下はぬかるみドロドロに。当日晴れていても前日に雨だとサンダルや下駄では大変な目に合います。

私は前日雨の場合は迷わず長靴!かっこ悪くても快適に花火を鑑賞するためには見た目はお構いなしで挑みます!笑

服装の気をつけたいポイントをまとめると、

  • 浴衣や下駄は後悔する。
  • 寒さ対策を万全に。羽織るものと膝掛けがあると便利。
  • 歩きやすい靴は必須!サンダルや下駄はNG。

大曲の花火大会の持ち物チェック!これがないと困る!

  • 寒さ対策グッズ(羽織り物、膝掛けなど)
  • 歩きやすい靴
  • 帽子・サングラス(日中から行く方はあったほうがよい)
  • 雨具(雨の場合、傘は周りの迷惑になるためカッパがおすすめ)
  • 携帯クッション
  • 桟敷席の場合、コンパネに敷く敷物(クッション性のあるものが良い)
  • ゴミ袋(ゴミ入れの他、雨の場合荷物にかぶせられる)
  • 虫除け対策グッズ(虫除けスプレーなど)
  • 携帯トイレ(もしものとき用:車の渋滞に巻き込まれたときに活躍するかも)
  • ペンライト(フィナーレで花火師さんとエール交換)※詳しく説明

荷物が多くなると思うのでリュックがおすすめです!

ペンライトについて【花火師さんとエール交換】

大曲の花火のフィナーレは、花火の余韻をゆっくり感じられる10号玉が打ち上がります。

すべて打ち上がると、川の対岸にいる花火師さんたちとエール交換が始まります。

花火師さんはトーチを振り、観客はペンライトで応えますが、一斉に振られるものすごいペンライトの光は圧倒される光景。

ペンライトがない方は、スマホの画面をつけて振っている方も!

この会場の一体感を楽しむにはぜひペンライトを用意して持って行ってくださいね。

100円ショップでも手に入りますので、私は多めに持って周りで持っていない人に配ったりします。笑

大曲の花火で「お酒」を楽しみたい方はここに注意!

「花火+お酒」は最高の組み合わせですが、トイレが近くなってしまうことと、昼花火から飲んでしまうとメインの夜花火で眠くなってしまう場合があるのでほどほどに楽しむのがベストです。

また、例年必ずといっていいほど花火会場に救急車が出動。

体調が悪くなってしまう原因がお酒の飲み過ぎだけではないと思いますが、せっかく花火を楽しみに来たのに病院に行く羽目になっては、自分だけではなく一緒に来た方にも迷惑がかかってしまいます。

数年前、私の実家付近の駐車場に停めたご夫婦がいましたが、赤ちゃん連れなのに運転手の旦那さんがいっぱいお酒を飲んでしまったようで奥さんが赤ちゃんを抱いて困っている場面に遭遇。

おせっかいな私の家族が自宅に奥さんと赤ちゃんを泊め、酔っ払いの旦那さんは車で寝るということがありました。

赤ちゃん連れで、しかも運転手が酔っ払ってしまうなんてちょっと考えられませんが、花火会場の高揚した雰囲気はお酒好きの方にとって今置かれている現状を忘れてしまうのかもしれません。

ただ、こういったハプニングがあると家族や関係のない人まで巻き込んでしまうこともあるので、お酒を飲まれる方は十分注意して楽しい時間を過ごしてくださいね。

迷子は子供だけじゃない!大人も要注意!

大曲の花火会場には毎年迷子のお知らせアナウンスが何度も流れます。

約26万平方メートルと広い河川敷に来場者約70万人が押し寄せるので、小さいお子さんからは絶対に目を離さないよう注意してください。

しかも迷子になるのは子供だけではありません。大人、特にお年寄りの方が迷子になることも多いため、トイレに立つ際は高齢者1人では行かせないようにするなど注意が必要です。

公式ホームページでは以下のように注意喚起しています。

観覧場内には、3箇所に色の違う回転灯が設置されています。はぐれた時の目印にご活用ください。
1時間以上姿が見えなくなったら、早めに臨時交番に捜索願をしてください。各所にいる警察官に無線で情報が流れ比較的早く見つかります。
ツアーの名前や観光会社の名前は覚えておくことが、早く仲間が見つかるコツかもしれません。

 

【民泊情報】前日・当日のホテルや旅館は満室?

当日、大仙市内はもちろん、大仙市近隣地域のホテル・旅館も満室となりますので、事前予約は必須です。

大曲のホテルや旅館に花火の前日や当日泊まった方は来年の予約を入れて帰る人もいるほどなので、今からの予約は難しいかもしれませんが、公式ホームページで宿泊情報は提供されています。

旅行会社のツアーの場合は宿もセットに含まれているツアーもあるので比較的とりやすいと思います。
参考:大曲の花火ツアー特集

また、大曲では現在、自宅を「民泊」として提供してくださる家主を5月中旬から募集していますので、当日の宿に困っている方は朗報です!

民泊を行う期間は「大曲の花火」当日の8月25日から翌日までの1泊2日。

一戸建ての住宅で、訪れる人の車を止める駐車スペースが確保されていること、宿泊客の滞在中は住民が自宅にいること、食事の提供は行わないことなどが条件。

大仙市では、現在宿主を募集しており、7月下旬ごろから宿泊者の受け付けを始めるとのこと。

民泊情報は随時更新されると思いますので、当日宿がとれなかった方は要チェックです。

大曲の花火「民泊」情報

自宅をご提供いただける方を募集します!
市では、全国花火競技大会「大曲の花火」開催時に生じる宿泊施設の不足を改善するため、イベント民泊を実施します。

イベント民泊とは、イベント開催時に宿泊施設の不足が見込まれる場合、自治体の要請により自宅を提供するような公共性の高いものについて、旅館業法に基づく営業許可なく、自宅での宿泊サービスの提供を可能とするものです。

「大曲の花火」への観光客の方が、日帰りでなく大仙市内に宿泊できるようになれば、花火大会の翌日に周辺の観光施設等を訪れたり、食事を取ったりすることができるようになるため、観光消費の拡大が期待されるほか、宿泊者の方と市民の方との交流もできるようになります。

市民の皆さまからは、花火大会開催時における自宅のご提供と、本事業の実施について、ご理解を賜りますようお願いいたします。

家主さんの応募要件や応募方法についてはこちらをご覧ください
大仙市HP「大曲の花火」イベント民泊事業

秋田県大仙市は8月25日開催の全国花火競技大会(大曲の花火)に合わせ、市外からの観光客が民家に泊まる「イベント民泊」をスタートさせる。
不足している宿泊先を確保し、市民との交流や消費拡大につなげる狙い。今月中旬から宿泊客を受け入れる家主を募集する。
大曲の花火は毎年数十万人が訪れる一大イベントだが、市内の宿泊施設の受け入れ人数は計2400人程度で、不足の状態が続いている。

出典:秋田魁新報「大曲の花火」民泊始めます 今月中旬から家主募集

スポンサーリンク

さいごに

毎年70万人の人出が予想される人気の「大曲の花火」。

交通情報や会場へのアクセス方法など事前にチェックしてスムーズに大曲の花火を楽しんでくださいね♪

おすすめ関連記事

  2017年大仙市「大曲の花火」は延期?中止?雄物川上流で河川が氾濫

  【あさイチ】食中毒に注意!お惣菜をよく買う人が注意したい6つのポイント

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です